Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

データセンターのOutSystemsプラットフォームをアップグレードする

この記事では、データセンターまたはサードパーティのプライベートクラウドでホストされるオンプレミスのOutSystemsプラットフォームをアップグレードする方法について説明しています。アップグレードを評価して、その影響を理解し、それに応じてアップグレードを計画できるようになります。

はじめに

作業を開始する前に、「OutSystemsプラットフォームをアップグレードする」の一般的なガイドラインを確認するようにしてください。その後、この記事を読み、関連する内容や事前に計画すべき事項を理解します。

OutSystemsプラットフォーム環境をアップグレードすると、アップグレードの結果として生じる互換性を破る変更の影響によっては、その環境、またはその環境でホストされるアプリケーションでダウンタイムが発生する可能性があります。詳細については、OutSystems Supportにお問い合わせください

概要

データセンターまたはサードパーティのプライベートクラウドプロバイダでは、アップグレードプロセスはOutSystemsが直接関与することなくお客様によって完全に管理されます。ただし、不明点がある場合やプロセスでエラーが発生した場合は、いつでもOutSystems Supportにお問い合わせください

オンプレミス環境をアップグレードする

プライベートクラウドまたはデータセンターのオンプレミス環境をアップグレードするには、以下の手順を実行します。

  1. Platform Serverのインストーラをダウンロードします。
  2. Download and follow the 対応するバージョンのインストールチェックリストをダウンロードして、それに従います。
  3. 対応する開発ツールをダウンロードして、環境と開発者のワークステーションの両方にインストールします。
  4. アプリケーションを新しいバージョンにアップグレードします。詳細については、「Development Environmentのアプリケーションをアップグレードする」をご覧ください。01 Upgrade OutSystems Platform#Upgrading_Applications_in_the_Development_Environment

必要な場合は、いつでもOutSystems Supportにお問い合わせください