Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
 
 
OutSystems

従来のアプリからリアクティブアプリへの移行の推奨ステージ

このドキュメントは未完成です。フィードバックをお寄せください

このドキュメントは、経験豊富な開発者やリードに従来のWebアプリからリアクティブWebアプリへの移行に関するガイダンスを提供するためのものです。移行を行うには、新しいフロントエンド機能とアプリケーションアーキテクチャに関する適切な知識が必要です。概要については、OutSystemsのトレーニング「リアクティブWeb開発者への道」をご覧ください。

移行ステージは、移行する従来のアプリのタイプ、ロジック、設計、アーキテクチャ、リソース、移行の期間によって異なります。 以下では移行プロジェクトで一般的に行われる手順に重点を置き、概要を示します。技術的な概要については、「従来のアプリからリアクティブアプリへの移行のリファレンス」をご覧ください。

  1. アプリをリファクタリングしてサーバー呼び出しを一元化する

    アプリを新しいランタイムに移行する前にいくつか準備作業を行う必要があります。まずサーバー呼び出しのロジックを点検し、共通のロジックにグループ化して最適化します。複雑なサーバーアクションを使用する画面がある場合は、ロジックの一部を抽出して必要な場所で再利用することを検討します。

    従来のアプリではほとんどのUIがサーバー側でレンダリングされるため、UIにサーバー呼び出しがバインドされていても問題になることはありませんでした。リアクティブアプリでは、UIにサーバーからの応答を待機させるとアプリの表示が遅くなり、問題が生じます。

  2. 新しいウィジェットとOutSystems UIを使用して画面を再作成する

    リアクティブアプリは、OutSystems Web UIやSilk UIと互換性のない新しいUIフレームワークであるOutSystems UIを使用しています。そのためアプリに最適なレイアウトを選択することが最初のタスクの1つとなります。次に、新しいウィジェットとパターンを使用して新しいモジュールの画面を再作成する必要があります。このとき、既存のユーザーエクスペリエンスを新しいUIに合わせて調整し、改善します。

    OutSystems 11の画面テンプレートに基づいた画面の場合は、リアクティブでも同様の画面テンプレートを使用して再作成できます。また、スキャフォールディングを使用して一部のUIをすばやく作成することもできます。

    古いアプリでOutSystems UI Web、Silk UI、リッチウィジェットを使用している場合は、さらに複雑な画面を再作成する必要があります。

    テーマを移行する場合は、CSSの一部をコピーして貼り付けることができます。ただし、CSSクラスがすべて同一とは限りません。

  3. フロントエンドのロジックを更新する

    UIを準備できたら、UIが完全に動作するようにする必要があります。ほとんどの場合、作業の中心はクライアントで現在実行されているロジックとなります。アプリのクライアント側に持ち込まれるデータを確認し、機密情報が公開されないようにする必要があります。

  4. パフォーマンスに関する警告を修正する

    エンドユーザーがアプリを使用したときにスムーズに実行されるか確認します。Service Studioでパフォーマンスに関する警告を修正します。特に、UIからのサーバー側ロジックの使用に関連する警告を修正する必要があります。