Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

従来のWebアプリからリアクティブWebアプリへの移行の概要

このドキュメントは未完成です。フィードバックをお寄せください

このドキュメントは、経験豊富な開発者やリードに従来のWebアプリからリアクティブWebアプリへの移行に関するガイダンスを提供するためのものです。移行を行うには、新しいフロントエンド機能とアプリケーションアーキテクチャに関する適切な知識が必要です。概要については、OutSystemsのトレーニング「リアクティブWeb開発者への道」をご覧ください。

2019年10月、OutSystemsは次世代のWebアプリを作成できるリアクティブWebをリリースしました。リアクティブアプリには大幅な変更があるため、従来のWebアプリからの自動移行ツールは用意されていません。

移行プロセスは手動で行うことになります。アプリケーション(特にフロントエンド)の規模や複雑さによってはかなりの労力を要する場合もあります。アプリが強固なアーキテクチャによってサポートされている場合は、多くのサーバー側ロジックを再利用することができるため移行が高速になります。

移行作業の大部分を占めるのが、新しいフレームワークでの新規UIの作成と新しい開発パラダイムによるロジックの作成です。特にアプリのルックアンドフィールが古くなっている場合、このプロセスでユーザーエクスペリエンスの再検討と改善を行うことができます。

モバイルアプリに慣れている開発者にとっては、開発ツールが似通っているためリアクティブアプリの多くのコンセプトが既知のものであるはずです。古い従来のWebアプリテクノロジーの開発を主に行っていた開発者は、モバイルアプリ、リアクティブWebアプリ、クライアント側の開発パラダイムについて詳しく学習する必要があるかもしれません。

労力の見積もりとチームの要件

プロジェクトの所要期間を見積もるため、まず実証実験を行って簡単な画面を移行してからより複雑な画面に進みます。このときに要した労力は、チームが新しいランタイムへのアプリの移行をどの程度の速度で行うことができるかを示す良い指標になります。

一部の画面のみを移行して古い画面と並行してデプロイするという段階的なリリース戦略を利用することも検討します。プロセス中、ディスプレイサイズの異なるデバイス上で画面がどのように動作するかをテストする必要があります。

移行プロジェクトを開始する前に、次のことを確認します。

  • 移行に実際の価値があること。たとえば、アプリで積極的な開発が行われる予定がある場合、モバイルアプリとWebアプリの間で要素を再利用する必要があるならば、エンドユーザーエクスペリエンスの改善によって投資が正当化されます。
  • チームにリアクティブアプリやモバイルアプリの開発経験があり、トレーニングを受けていること。リアクティブWebアプリは最新のクライアント側ロジックに基づいて作成され、適切に設計されたサーバー側の機能を利用して動作します。開発チームはこれら両方に精通している必要があります。チームがタスクに対応可能か不安な場合は、移行プロジェクトの経験があるパートナーや開発者に協力を依頼することを推奨します。
  • Was this article helpful?