Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

OutSystems 10へのアップグレード後のNewtonsoft.Jsonバージョンエラー

症状

OutSystems 10にアップグレードした後、いずれかのモジュールまたはアプリケーションをデプロイしようとしたときに、以下のようなメッセージとともにコンパイルエラーが発生します。

Internal Error: Compilation Error

bin\OutSystems.RESTService.Runtime.dll: error CS1705: Assembly 'OutSystems.RESTService.Runtime, Version=10.0.200.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null' uses 'Newtonsoft.Json, Version=8.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=30ad4fe6b2a6aeed' which has a higher version than referenced assembly 'Newtonsoft.Json, Version=4.5.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=30ad4fe6b2a6aeed'
bin\Newtonsoft.Json.dll: (Location of symbol related to previous error)

原因

これは、OutSystems 10で導入された互換性を破る変更(#11)で、Newtonsoft.Jsonライブラリが4.5.0.0から8.0.0.0に変更されたことによる副作用です。

OutSystems 10のインストールチェックリスト(.NET / Java)のすべての手順に従い、アップグレードのユースケースを選択した場合、上記の問題は発生しません。必須手順の1つに、開発インフラ全体の再パブリッシュがあります。これにより、プロデューサとコンシューマの間の参照がすべて更新されるため、以前のNewtonsoft.Jsonライブラリへの参照がある場合は削除され、衝突が解決されます。