Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
 
 
OutSystems

サポートケースをオープンする方法

ケースをオープンする手順


サポートケースをオープンするには、OutSystems Support Portalにアクセスして以下の手順を実行します。

  1. 最初に[Create Case]をクリックします。

    create-case.png

  2. サポートが必要な問題について、[Title]と[Description]に入力します。
    説明はできる限り詳しく記入してください。そうすることで、サポートチームが問題を特定しやすくなり、ケースを迅速に解決することができます。原因がわかっている場合は、その原因と実施済みのトラブルシューティングも入力してください。

    create-case-step1.png
  3. Next]をクリックします。
  4. 参考になる記事の一覧が表示されます。ケースに関連するコンテンツを確認します。必要なサポートに関する情報がすでにオンラインヘルプに含まれている場合があります。

    create-case-articles.png
  5. 記事を参照してもさらにサポートが必要な場合は、[My issue is not related with these articles]をクリックして続行します。
  6. 次の手順では、サポートチームが問題を把握する際に役立つ画像やドキュメントの追加を求められます。たとえば、エラーログ、スクリーンショット、問題を再現するモジュールなどの添付ファイルが役立ちます。複数のファイルを添付する場合は、zipファイルで送信してください。

    create-case-add-files.png
  7. Next]をクリックして次の手順に進みます。
  8. ケースに関連するOutSystems環境の詳細を入力します。情報を入力するごとに次のフィールドが表示されます。
    1. リストからインフラのアクティベーションコードを選択します。
    2. アクティベーションコードに基づいて環境のリストが表示されます。ケースに関連する環境を選択します。
    3. Platform Serverのバージョンを選択します。Service StudioでPlatform Serverのバージョンを確認できます。
    4. LifeTimeとService Studioのバージョンも選択できます。

      create-case-infra.png
  9. 詳細をすべて入力したら[Next]をクリックします。
  10. ケースがビジネスに及ぼす影響を選択します。より適切なオプションを選択した後、[Next]をクリックします。

    create-case-impact.png
  11. 次の手順では、ケースの最新情報を受け取る他のユーザーのメールを追加することや、コメントを追加することができます。メールアドレスを入力した後、「+」(プラス)記号をクリックするとそのメールがリストに追加されます。インフラのすべてのケースへのアクセス権をすでに持っているユーザーもここに表示されます。

    create-case-notifications.png
  12. 追加の連絡先を入力した後、[Next]をクリックします。
  13. 最後の手順では、電話番号を確認する必要があります。

    create-case-phone.png

  14. サポートケースを作成してサポートチームに送信するには、[Submit]ボタンをクリックします。

注記

問題を早く特定・再現できると、問題の解決が容易になります。そのため、問題をすばやく解決するには十分かつ正確な情報が重要となります。

  • Was this article helpful?