Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
 
 
OutSystems

OutSystemsプラットフォームのタイムゾーンの考慮事項

OutSystemsプラットフォーム環境では、データベース、コントローラ、およびすべてのフロントエンドのタイムゾーンを統一する必要があります。

これは、開発者と運用担当者の両方にとってシンプルなメンタルモデルを実現するためです。環境全体で時間が統一されていると、時間依存のイベント(タイマー、BPT)が発生するタイミングを把握しやすくなります。また、複雑なコードを実行してアプリケーションのタイムスタンプを標準化する必要がなくなるため、開発者が時間に関係するプログラミングをしやすくなります。

タイムゾーンを統一するだけではなく、環境のあらゆる場所で時間を同期することも推奨します。数秒程度の時間のずれが、予期しない動作につながるおそれがあるためです。OutSystemsでは、すべてのフロントエンドとデータベースを同じNTPタイムサーバーと同期することを推奨しています。

  • Was this article helpful?