Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
 
 
OutSystems

OutSystems Cloudのシステム更新

OSの更新/パッチ適用を行う理由

パッチ適用は、インフラコンポーネントの市場リリース後に判明したシステムの脆弱性を修復するプロセスです。サーバーを攻撃者やウイルスから保護するとともに、生産性を低下させる可能性のあるバグを排除するためには、パッチを適用する必要があります。

OutSystemsは、すべてのOutSystems Cloudインフラのサーバーに対して定期的にパッチを適用しています。パッチ適用の操作がOutSystemsプラットフォームに影響を及ぼすことはありません。

保守が行われるタイミング

OutSystemsは、Cloudユーザーに対してメールで定期保守に関する通知を行います。この通知を受け取るには、自社のCustomer Portalのインフラ管理者として登録されている必要があります。このメールには、影響を受ける環境のリストと、定期保守のスケジュール(UTC、24時間形式)が記載されています。

Windows OSに対するMicrosoftの更新のうち「重大」「重要」「中」に該当するものと、これに関連する他のソフトウェアの更新は定期的に実行しています。

関連リソース:

  • Was this article helpful?