Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
 
 
OutSystems

LifeTimeの認証設定をリセットする

この記事は、オンプレミスのインフラに適用されます。

症状

LifeTime/Service Centerからロックアウトされており、ログインできません。

原因

通常、これは(Windows統合による)Active Directory認証を不適切な構成でアクティベートした場合に発生し、すべてのログインが失敗します。

解決策

この問題を解決するには、LifeTime環境のデータベースとLifeTime環境に登録されているすべての環境のデータベースで、以下のスクリプトを実行します。

UPDATE OSSYS_AUTHPROVIDER SET ISACTIVE = 0;

commit;

その後、これまでの資格情報を使用してLifeTime/Service Centerでログインできるようになります。