Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

開発インフラのアプリケーションモジュール

異なるOutSystems環境間でデータを移動させるプロセスやツールを作成する場合、OutSystemsプラットフォームで、アプリケーション、モジュール、eSpace、エクステンションなどの開発インフラがどのように管理されているかを把握することが重要です。また、OutSystemsプラットフォームで、エンティティ、静的エンティティのエンティティレコード、エンティティアトリビュート、型などの開発インフラのアプリケーションデータベースの情報がどのように管理されているかについても理解しておく必要があります。

エンティティリレーションモデル

以下の図は、アプリケーション、eSpace、モジュール、エクステンションの関係を示しています。

アプリケーション、eSpace、モジュール、エクステンションの関係

上記の図に示されているエンティティのレコードは、以下のソースから生成できます。

  • Service Studio:

    • 新規アプリケーションの作成
    • eSpaceモジュールの作成または複製
    • アプリケーションまたはeSpaceモジュールの更新
  • Integration Studio

    • エクステンションの作成または更新
  • Service Center

    • アプリケーション、ソリューション、eSpace、エクステンションのアップロードやパブリッシュ
  • LifeTime

    • 別の環境へのアプリケーションのプッシュ
  • ユーザーアプリケーション

    • 公開済みのエンティティやメソッドへの参照
  • API

考慮事項

以下の点を考慮してください。

  • SS_Keys

    • eSpace/エクステンションでは常に一意のSS_Keyが生成されてメタモデルに保存され、すべての環境で同一になります。

    • 他のSS_Key(Entity、Entity_Attrなど)は一意ではなく、SS_Keyの一意のペアとしてeSpaceのSS_Keyを使用して常に比較する必要があります(たとえば、複製されたeSpaceではeSpaceの新しいSS_Keyが生成されますが、その他のオブジェクトではすべてSS_Keyが保持されます)。

  • Is Activeフラグを確認し、非アクティブな(ソフトデリートされた)アプリケーション、eSpace、エクステンションを含めるか、除外します。

  • ユーザーアプリケーションで参照したり使用したりできる公開済みシステムエンティティに注意します(エンティティの拡張アトリビュートなど)。

  • モジュールのタイプはeSpaceまたはエクステンションです。このため、モジュールのeSpace識別子またはエクステンション識別子は排他的な値かnull値になります。識別子がnull値の場合、または両方の識別子が既存の識別子の場合、同時に存在することはできません。

  • 複製されたeSpaceでは新しいSS_Keyが生成されますが、ソースのeSpaceアプリケーションや他のアプリケーションと関連付けられません。そのため、[Independent Modules]で見つけることができます。エクステンションを複製した場合も同様です。

  • eSpaceまたはエクステンションを削除すると、Is Activeフラグが変更されてfalseに設定され、データベース上の名前が更新されて(deleted0)というサフィックスが追加され、SS_Keyが変更されます(これにより、他のユーザーがForgeなどの別のソースから前と同じeSpaceやエクステンションのアップロードやパブリッシュを行うことが可能になります)。エクステンションとアプリケーションの関連付けも削除されます。

  • アプリケーションを削除した場合も、Is Activeフラグが変更されてfalseに設定され、SS_Keyが変更されます。この場合、アプリケーション名は変更されませんが、アプリケーションとモジュールの関連付けは削除され、モジュールはソフトデリートされ、モジュールを個別に削除したときと同じ動作になります。

システムエンティティの説明

アプリケーション

  • モバイルアプリケーション
名前 物理テーブル名 説明
ApplicationMobile OSSYS_APPLICATIONMOBILE モバイルアプリ固有の設定
プロデューサ
OSSYS_APPLICATION
コンシューマ
-
  • アプリケーション
名前 物理テーブル名 説明
ApplicationMobile OSSYS_APPLICATION この環境内のアプリケーション。古いアプリケーションは非アクティブとして保持されます
プロデューサ
OSSYS_USER
コンシューマ
OSSYS_APP_CSP
OSSYS_APP_DBCONFIG
OSSYS_APP_DEFINITION_MODULE
OSSYS_APP_FORGE
OSSYS_APP_MOBILE_BASE
OSSYS_APP_PARAMETER
OSSYS_APP_SECURITY
OSSYS_APP_VERSION
OSSYS_APPLICATION_ICON
OSSYS_APPLICATION_ICONHIGHRES
OSSYS_APPLICATIONMOBILE
OSSYS_APPOVERREXTCONFIG
OSSYS_NATIVEPLUGINS

モジュール

  • 定義モジュール
名前 物理テーブル名 説明
App_Definition_Module OSSYS_APP_DEFINITION_MODULE 特定のアプリケーション定義のためのモジュール。内部でのみ使用
プロデューサ
OSSYS_APPLICATION
OSSYS_MODULE
コンシューマ
OSSYS_APP_DEFINITION_MODULE
  • モジュール
名前 物理テーブル名 説明
Module OSSYS_MODULE eSpaceまたはエクステンション
プロデューサ
OSSYS_MODULE_KIND
OSSYS_ESPACE
OSSYS_EXTENSION
コンシューマ
OSSYS_APP_DEFINITION_MODULE
  • モジュールの種類
名前 物理テーブル名 説明
Module_Kind OSSYS_MODULE_KIND eSpaceおよびエクステンション
プロデューサ
-
コンシューマ
OSSYS_APP_VERSION_MODULE_VERSI
OSSYS_MODULE

eSpaceモジュール

  • eSpace
名前 物理テーブル名 説明
Espace OSSYS_ESPACE Service Studioで定義されたeSpace。古いeSpaceや削除されたeSpaceは非アクティブとして保持されます
プロデューサ
OSSYS_ESPACE_VERSION
OSSYS_DBCATALOG
コンシューマ
OSSYS_AREA
OSSYS_ASSEMBLY
OSSYS_ASSEMBLY_DEPENDENCY
OSSYS_ASYNC_OP_DBCATALOG
OSSYS_AUTHPROVIDER
OSSYS_BPM_PROCESS_DEFINITION
OSSYS_CALLBACK
OSSYS_DEBUG_SESSION_DATA
OSSYS_DEVELOPER_ESPACE
OSSYS_EMAIL_DEFINITION
OSSYS_ENTITY
OSSYS_ENTITY_RECORD
OSSYS_ESPACE_CONFIGURATION
OSSYS_ESPACE_ENTITY
OSSYS_ESPACE_EXTENSION
OSSYS_ESPACE_FRAGMENTS
OSSYS_ESPACE_MOBILE_CONFIGS
OSSYS_ESPACE_PRODUCTINFO
OSSYS_ESPACE_REFERENCE_STATUS
OSSYS_ESPACE_RUNNING_PROD_VER
OSSYS_ESPACE_RUNTIME
OSSYS_ESPACE_SCREEN
OSSYS_ESPACE_SHAREDCONFIG
OSSYS_ESPACE_VERSION
OSSYS_ESPACE_VERSION_PTA
OSSYS_LICENSINGEMAILLOG
OSSYS_META_CYCLIC_JOB
OSSYS_MODULE
OSSYS_NATIVEPLUGINS
OSSYS_PAGEMETARULE
OSSYS_RECOMPILATION_ERROR_LOG
OSSYS_REPORT_SLOWSRVAPI
OSSYS_REST_EXPOSE
OSSYS_REST_WEB_REFERENCE
OSSYS_ROLE
OSSYS_SAPCONFIG
OSSYS_SITE_PROPERTY_DEFINITION
OSSYS_SOAP_CONSUME
OSSYS_SOLUTION_REFERENCE
OSSYS_SRVAPI_CONFIGS
OSSYS_TENANT
OSSYS_TENANT_VIEW
OSSYS_TEST_CASE
OSSYS_TRANSLATIONOVERRIDE
OSSYS_WEB_REFERENCE
OSSYS_WEB_SERVICE

エクステンションモジュール

  • エクステンション
名前 物理テーブル名 説明
Extension OSSYS_EXTENSION 環境でパブリッシュされたエクステンション
プロデューサ
OSSYS_EXTENSION_VERSION
コンシューマ
OSSYS_ASSEMBLY
OSSYS_ASSEMBLY_DEPENDENCY
OSSYS_ASYNC_OP_LOGICALDATABASE
OSSYS_DEVELOPER_EXTENSION
OSSYS_ENTITY
OSSYS_ESPACE_EXTENSION
OSSYS_EXTENSION_CONFIGURATION
OSSYS_EXTENSION_DBCONNECTION
OSSYS_EXTENSION_DEPENDENCY
OSSYS_EXTENSION_VERSION
OSSYS_MODULE
OSSYS_SOLUTION_REFERENCE
  • eSpaceエクステンション
名前 物理テーブル名 説明
Espace_Extension OSSYS_ESPACE_EXTENSION Service Studioで定義されているように各eSpaceによって参照されるエクステンションが参照を追加/削除します
プロデューサ
OSSYS_ESPACE
OSSYS_EXTENSION
コンシューマ
-

次のセクションに進む