Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
 
 
OutSystems

OutSystems CloudでのAWS Direct Connect

このトピックでは、AWS Direct Connectを使用してOutSystems Cloudに接続する方法について説明しています。

ご利用のOutSystems CloudエディションでAWS Direct Connectサービスを使用できるかどうかをクラウドサービスカタログで確認してください。

AWS Direct ConnectとOutSystems Cloud

AWS Direct Connectは内部ネットワークとAWSアカウントを専用回線(標準の1GBまたは10GBのイーサネット光ケーブル)で接続するサービスです。

帯域幅が広くて輻輳の生じない安定した接続を使用する必要があるシナリオでは、AWS Direct Connectの専用回線を使用してプライベートネットワークOutSystems Cloudを接続することができます。

以下の図はその仕組みを示しています。

AWS Direct Connectを利用したOutSystems Cloudへの接続

上記の図は、Direct Connectのトポロジーを示しています。

  • ユーザーネットワークは、専用回線を利用してAWS Direct Connectのロケーションに接続されています。

  • AWS Direct Connectのロケーション内では、AWSのケージがユーザーやパートナーのケージと相互接続されています。

  • AWS Direct Connectのロケーションは、AWSネットワークの一部です。

独自のAWS Transit Gatewayを使用してOutSystems Cloudと企業ネットワークを接続する場合、ユーザー側でOutSystems Cloudへの内部トラフィックを管理することになります。以下の点にご注意ください。

  • ご覧になっている手順は適用されません。ユーザー側でAWS Transit Gatewayを使用して必要なAWS Direct Connectの設定を行う必要があります。

  • AWS Transit GatewayによるOutSystems Cloudへの接続をリクエストする場合、ユーザー側で既存のAWS Direct Connectを再構成する必要があります。AWS Transit Gatewayとの接続が稼働し次第、以前リクエストした既存のAWS Direct Connectの仮想ホストインターフェイスは停止されます。

構成

Direct Connectサービスの設定は、専用回線の所有者であるユーザーが行います。必要な構成手順の詳細については、AWSの使用開始に関するドキュメントをご覧ください。

このような接続で適用可能なトポロジーは、2種類あります。

  • A. こちらのドキュメントのリストに示されたAWS Direct Connectデータセンターのいずれかにユーザーネットワークが存在する。この方法では、データセンター内で直接相互接続を確立できます。

  • B. ユーザーがAWS Partner Network(APN)のパートナーのサポートを受けてAWS Direct Connectのロケーションとユーザーネットワークの間のネットワーク回線を確立する。

いずれのシナリオでも、ユーザーがこの接続を管理します。

OutSystems CloudとDirect Connectの連携を完了するには、以下の手順を実行する必要があります。

1.ユーザーネットワークとAWS Direct Connectのロケーションの接続を確立した後、OutSystems CloudのAWSアカウントIDを新しく作成した接続に関連付けます。詳細については、サポートケースをオープンしてOutSystemsにリクエストしてください。

2.OutSystemsから提供されたアカウントIDを使用して、ホスト仮想インターフェイスを作成します。シナリオBでは、AWSパートナーがこの手順を実行します。この場合はOutSystems CloudのAWSアカウントIDをパートナーに知らせる必要があります。

3.この後、新しく作成されたホスト接続の受け入れをOutSystemsにリクエストする新しいサポートケースを送信します。