Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

アプリケーションオブジェクトのカウント

この記事では、アプリケーションオブジェクトのカウント方法について説明しています。

アプリケーションオブジェクトとは何ですか?

アプリケーションオブジェクト(AO)は、アプリケーションの要素です。

  • ページ:設計して環境にインストールするエンドユーザー向けの画面。ページには、ビジュアル開発環境で設計されたWeb画面、メール画面、モバイルWeb画面、SMS画面などがあります。たとえば、ポップアップWeb画面やSupplier_List Web画面はそれぞれ1つのアプリケーションオブジェクトに相当します。  

  • テーブル: OutSystemsプラットフォームで設計したエンティティ、もしくは外部データベースからの連携のためにインポートしたエンティティ。またはそれらの両方のエンティティです。各ローカルストレージエンティティ(モバイルに適用可能)は、新規のエンティティか既存のエンティティかにかかわらず、1つの追加AOとしてカウントされます。

  • API/サービス操作: 利用または公開するWebサービス、REST API、または連携コネクタのメソッド。 拡張機能のAPI(OutSystemsプラットフォームで再利用するC#コード)は含まれません。

ページを構成するものは何ですか?

ページとは、ビジュアル開発環境で設計されたWeb画面、メール画面、モバイルWeb画面、SMS画面のことです。 Webブロックはページではなく、画面コンポーネントです。そのため、Webブロックはカウントされません。

1つのページに複数のタブが含まれる場合は、何がカウントされますか?

各タブが異なるWeb画面にデザイナーで実装されている場合、それらのタブは別のページであり、各タブがアプリケーションオブジェクトになります。各タブが同じ画面にWebブロックまたはインラインで実装されている場合、それらのタブ全体が1つのページ、つまり1つのアプリケーションオブジェクトを構成することになります。

1つのページ上のポップアップはどうなりますか?

ポップアップのコンテンツが異なるWeb画面である場合、ポップアップの画面はページとしてカウントされるため、アプリケーションオブジェクトになります。これは、ポップアップをスキャフォールディングしたりRichwidgetsポップアップコンポーネントを使用したりする場合のデフォルトです。 

通常、短いヘルプメッセージは、独自の画面ではなく、代わりにツールチップのようなものになるため、アプリケーションオブジェクトとしてカウントされません。ポップアップに何らかのトランザクションロジックがある場合は、一般的に別の画面に実装されるため、アプリケーションオブジェクトとしてカウントされます。開発者は、最適な設計を判断します。

内部システムのデータベーステーブルは、アプリケーションオブジェクトの総数にカウントされますか?

  • Webアプリケーションの場合、OutSystemsプラットフォームが使用する内部データベーステーブルを参照しても、そのデータベーステーブルはアプリケーションの総数に含まれません。
  • モバイルアプリケーションの場合も、そのようなデータベーステーブルは、「エンティティ」で参照してもカウントされません。ただし、ローカルストレージに追加された場合は1つのAOとしてカウントされます。
  • 「内部システムのデータベーステーブル」に該当するものは何ですか?

内部システムのデータベーステーブルは、依存関係の管理で確認できる(System)eSpaceに表示されるエンティティです。

image.png

API/サービス操作のカウントの例

Google Calendar APIを利用する場合:

  • ここで定義され、プラットフォームにインポートする各メソッドは1つのAPIです。

  • それぞれが1つのアプリケーションオブジェクトとしてカウントされます。

WebReference経由またはSAP用Platform Connect経由で利用される3つのSAP BAPIの場合:

  • これらの3つのBAPI(GetCustomers、CreatePurchaseOrder、GetCustomersPOs)を検討します。

  • それぞれが1つのアプリケーションオブジェクトとしてカウントされ、合計で3つになります。 

4つのアクションを含むCustomerInformation Webサービスの場合:

  • SearchCustomers、GetCustomerDetail、CreateCustomer、UpdateCustomerDetailは、サードパーティのシステムに公開された4つのWebサービスメソッドです。

  • それぞれが1つのアプリケーションオブジェクトに相当し、合計で4つになります。

14個のメソッドを含むREST Web参照は、14個のアプリケーションオブジェクトに相当します。

2つ以上のアプリケーションオブジェクトとしてカウントされる要素はありますか?

いいえ。アプリケーションオブジェクトとなるアプリケーション要素は、必ずすべて1つのAOとしてカウントされます。 ​​

 

「無効な」アプリケーションはAOの制限にカウントされますか?

アプリケーションが[Disable]に設定されていても、アプリケーションオブジェクトは引き続き環境のAO全体の総数にカウントされます。