Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

AzureにOutSystemsプラットフォームをデプロイする方法

この製品(OutSystems Deploymentアクセラレータ)はまもなく廃止される予定です。

ただし、インストールチェックリストに従って引き続きAzureにOutSystemsをデプロイできます。

 

Azure Marketplaceから利用できるOutSystems Deploymentアクセラレータにより、参照ネットワークアーキテクチャを使用して、OutSystems環境に必要なすべてのサーバーとネットワークインフラを迅速にプロビジョニングできます。

準備

以下の手順を実行するには、AzureアカウントOutSystemsプラットフォームのサブスクリプションが必要です。

OutSystems Deploymentアクセラレータを実行する

  1. Azure MarketplaceのOutSystemsのページに移動します。

  2. OutSystems Deployment Accelerator]を選択します。

  3. Create]をクリックしてデプロイウィザードを起動します。プロンプトが表示されたら、Azureの資格情報を入力します。

注記: ウィザードでは、Azureの多くのデプロイパラメータ(デプロイ先など)に対してデフォルト値を提供しています。これらのデフォルト値は自由に変更できます。以下の手順では、これらのパラメータが明示的に記載されていません。

ウィザード手順1: 基本

1.既存のリソースグループを選択するか、または新しいリソースグループの名前を入力します。

ウィザード手順2: 仮想ネットワークの設定

OutSystems Deploymentアクセラレータは、同一の仮想ネットワークにすべてのサーバーをプロビジョニングします。仮想ネットワークを選択できます。

OutSystems Deploymentアクセラレータは、すべてのフロントエンドサーバーとデプロイメントコントローラサーバーを同じサブネットにデプロイし、データベースサーバーを別のサブネットにデプロイします。使用するサブネットを選択できます。

  1. デフォルトでは、ウィザードは新しいAzure仮想ネットワークをOutSystems_VNという名前で作成します。Virtual Network]をクリックしてこのデフォルトを変更します。
  2. Configure Subnets]をクリックします。ウィザードではデフォルトの名前とアドレス範囲が提案されます。これらのデフォルトを変更する必要がない場合でも、[Configure Subnets]ダイアログを開く必要があります。

ウィザード手順3: フロントエンドの設定

ウィザードのこの手順では、他のパラメータに安全なデフォルトを指定します。それら(ホスト名、パブリックIPアドレス、仮想マシンサイズ)は上書きできます。

  1. フロントエンドサーバーの管理者アカウントの資格情報(ユーザー名パスワード)を入力します。

  2. Front-End Storage account]をクリックします。その後、既存のストレージアカウントを選択するか、または新しいストレージアカウントの名前を入力します。

  3. DNSラベルを入力します。

デフォルトでは、ウィザードは2台のフロントエンドサーバーに加えて、デプロイメントコントローラサーバーとして機能するもう1台のサーバーをプロビジョニングします。フロントエンドサーバーの台数が異なる場合は、別の台数を指定することもできます。いずれか1台のフロントエンドサーバーでデプロイメントコントローラサーバーを実行する場合は、そのデフォルトも変更できます。

 

ウィザード手順4: SQL Server

  1. Azureで既存のSQL Server VMを再利用する場合は、[Deploy SQL Server?]オプションで[No]を選択します。たとえば、2つの非本番のOutSystems環境でデータベースを再利用する場合、2つ目の環境を作成するときにSQL Serverをデプロイすることはできません。

  2. SQL Storage account]をクリックします。その後、既存のストレージアカウントを選択するか、または新しいストレージアカウントの名前を入力します。

  3. デプロイする[SQL Version](StandardまたはEnterprise)を確認します。

必要に応じて、デフォルトのホスト名や仮想マシンサイズを上書きすることもできます。

ウィザード手順5: 概要

  1. Azure Marketplaceがデプロイを検証し、[Validation passed]が表示されると、[OK]ボタンが有効になります。
  2. OK]をクリックして続行します。

ウィザード手順6: 購入

  1. 利用規約に同意することを確認します。

  2. Create]をクリックしてインフラのデプロイを開始します。デプロイには数分かかります。

デプロイに成功すると取得できる内容

選択したオプションに基づいて、以下の項目の一部またはすべてを含むリソースグループができます。

  • Windows Server 2012を備えたいくつかの仮想マシン。各仮想マシンには、OutSystemsプラットフォームのインストールバイナリ(すぐにインストール可能)のコピー、OutSystemsプラットフォームのインストールチェックリストに詳述されているすべての前提条件、およびAzure Portalからのリモートデスクトップ接続が備えられています。

  • パブリックIPアドレスによるロードバランサ。これにより、可用性セットのフロントエンドサーバーにトラフィックがルーティングされます。

  • SQL Server 2012を備えた仮想マシン。

  • 2つのサブネットを含む仮想ネットワーク。1つはデータベース用で、もう1つはフロントエンドサーバー用です。

  • 適正な構成のネットワークセキュリティグループ。

SQL Serverを構成する

OutSystemsプラットフォームで新しいSQL Server仮想マシンを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. リモートデスクトップ経由でSQL Server仮想マシンに接続します。

  2. SQL Serverのサーバー認証を[SQL Server and Windows Authentication Mode]に設定します。

  3. WindowsファイアウォールでSQL Serverのポート(1433)を有効にします。

OutSystemsプラットフォームをインストールする

  1. リモートデスクトップ経由でデプロイメントコントローラサーバーに接続します。

  2. サーバーのデスクトップにあるOutSystems Platform Serverインストールバイナリへのショートカットをダブルクリックして、OutSystemsプラットフォームをインストールします。

  3. デプロイメントコントローラサーバーとフロントエンドサーバーの通信を有効にするようにWindowsファイアウォールを構成します。

  4. フロントエンドサーバーごとに繰り返します。

インストール後のネットワークセキュリティの強化

OutSystems Deploymentアクセラレータのデフォルトネットワーク構成は、インストールプロセスを簡素化するように設計されています。環境をインストールしたら、Azure Portalで以下の手順に従ってネットワークセキュリティの強化を検討します。

  1. デプロイメントコントローラサーバーを別に設定している場合は、デプロイメントコントローラサーバーのパブリックIPアドレスを無効にします。

  2. SQL Server仮想マシンのパブリックIPアドレスを無効にします。

  3. バックエンドサブネットのネットワークセキュリティグループを開きます。

  4. rdp_ruleというインバウンドセキュリティルールを[Deny]に設定します。

  5. Block_internetというアウトバウンドセキュリティルールを[Deny]に設定します。