Skip to main content

 

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

OutSystemsエクステンションでの.NET Standardライブラリの使用

要件

  • Microsoft Visual Studio 2017
  • .NET Framework 4.7. 2
  • OutSystems Platform Server 11 - Release Apr.2019以降

エクステンションで.NET Standardライブラリを使用する

Windowsは、バージョン4.7. 2で.NET Frameworkアプリケーション向けの.NET Standardのサポートを改善しました。この改善を活用し、エクステンションで.NET Standardライブラリを使用することができます。

このページの手順に従わなかった場合、エクステンションはサポート対象外のシナリオ(.NET 4.6.1と.NET Standardの併用)になり、ランタイムの問題が発生します。

以下の手順を実行します。

  1. 開発マシンに.NET Framework 4.7. 2とVisual Studio 2017をインストールします。

  2. Integration Studioのオプションを変更し、Visual Studio 2017の使用を開始して、エクステンションのコンパイルで関連するMSBuildを使用するようにします。

    Integration Studioのオプションの.NET SDK設定

  3. エクステンションのメインプロジェクトのターゲットフレームワークを「.NET Framework 4.6.1」から「.NET Framework 4.7.2」に変更します。

    Visual Studioのプロジェクト設定

  4. エクステンションを作成し、必要なライブラリを参照します。

Integration Studioでエクステンションをパブリッシュする前に、.NET Standardのシステムビルトインアセンブリがエクステンションに含まれていないことを確認します。

エクステンション内の不適切な参照アセンブリと適切な参照アセンブリの比較

注記: System.Runtime.CompilerServices.Unsafe.dllなど、いくつかのシステムアセンブリをエクステンションに含める必要がある場合があります。これは問題ありません。

ただし、エクステンションに含めるシステムアセンブリのリストが大きいということは、エクステンション内に存在してはならないライブラリが含まれている兆候になります。

たとえば、エクステンションに以下のシステムアセンブリが含まれていると、ランタイムの問題が発生します。

  • netstandard.dll
  • mscorlib.dll
  • System.Runtime.InteropServices.RuntimeInformation.dll
  • System.Net.Http.dll

問題のあるアセンブリを削除するには、以下の手順を実行します。

  1. Visual Studioで、すべてのプロジェクトのターゲットフレームワークが4.7.2であることを確認します。

  2. 必要な場合、サードパーティのNuGetパッケージをアンインストールして再インストールします。

  3. \Binフォルダの中身を削除します。

  4. Integration Studioの[Resources]タブで、\Binフォルダを右クリックして[Exclude from extension]を選択します。

  5. ツールバーの[Update Source Code]をクリックして、\Binフォルダ内のOutSystemsリソースを再生成します。

  6. Visual Studioに戻り、ソリューションを再度作成して、アセンブリが再び追加されていないことを確認します。

  • Was this article helpful?