Skip to main content
Created for OutSystems 10. Not working on your version? Tell us about it!

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

iOS用のPushwooshの構成

iOS用のPushwooshを構成するには、以下の手順を実行します。

この処理を行うにはMacコンピュータが必要です。

アプリケーション識別子(App ID)を作成する

アプリケーションでAPNS(Apple Push Notification Service)を使用するには、「プッシュ通知」を有効にして構成した一意のアプリケーション識別子(App ID)が必要です。これを作成するには、Apple開発者アカウント(https://developer.apple.com/membercenter/)にアクセスして[Certificates, Identifiers & Profiles]を選択します。

App IDs]を選択し、ページの右側で[+]を選択して新しい識別子を作成します。

フォームに入力し、[App Services]から[Push Notifications]を選択します。

APNS証明書を作成する

APNS証明書は1つのアプリケーションIDに紐付けられます。各アプリケーションIDには、2つのアプリケーションサービス構成があります。

  • 開発
  • 配布

開発用APNS証明書を使用して、開発者は開発中のアプリケーション用のプッシュ通知を設定できます。

プッシュ通知はシミュレータでは機能しません。

Apple Developer Member Centerから[iOS App IDs]にアクセスし、構成するアプリケーション識別子を確認します。[Edit]ボタンをクリックします。

[Push Notifications]まで下にスクロールし、開発用または配布用の[Create certificate]をクリックします。

ページの手順に従って、証明書の署名リクエストを生成します。

Macが使用できない場合、こちらの方法でWindows PCから証明書の署名リクエストを生成できます。

新しく作成した証明書の署名リクエストファイルをアップロードして、[Generate]ボタンをクリックします。完了したら、作成した証明書をダウンロードしてキーチェーンに追加します。

キーチェーンから証明書をエクスポートする

PushwooshでアプリケーションのiOS設定を構成する場合、公開APNS証明書と特定のアプリケーションIDの秘密鍵をアップロードする必要があります。手順2で生成した証明書をキーチェーンからエクスポートします。

キーチェーンを開き、目的の証明書を見つけて公開証明書をエクスポートします。通常、APNS証明書は「Apple Development IOS Push Services」または「Apple Production IOS Push Services」というプレフィックスの後にアプリケーション識別子が付いた名前になっています。証明書を「.cer」としてエクスポートします。

関連する秘密鍵をエクスポートします。

エクスポートの際に選択したパスワードは、後でPushwooshでiOSを設定するときに必要になるため忘れないようにします。

Pushwooshでアプリケーションを作成する

Pushwooshアカウント(https://cp.pushwoosh.com/applications)にアクセスします。[Add new]ボタンをクリックして新しいアプリケーションを作成します。

Pushwooshでは、開発用および配布用の2つのアプリケーションを設定することを推奨しています。

この例では、開発用APNS証明書を使用してアプリケーションを作成・構成します。配布の場合のプロセスもまったく同じです。

新しいアプリケーションの名前とアイコンを設定し、[iOS SDK]および[Android SDK]にある[Pushwoosh]を選択します。[Save application]をクリックします。

iOSを構成する

画面が開き、アプリケーションコードが表示されます。このコードは各Pushwooshアプリケーションに固有で、アプリケーションで使用されます。この画面の[iOS]リボンで、[Configure]をクリックします。

Manual]タブで、必要な情報を入力します。Certificate file (.cer)は先ほどエクスポートした公開証明書です。Push Certificate (.p12)はエクスポートした秘密鍵です。Private key passwordは秘密鍵のエクスポート処理の際に選択したパスワードです。Frameworkは「Native」に設定します。

Save]をクリックします。これでiOS用のPushwooshの構成が完了しました。