Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

アプリケーションへのビデオの追加

この記事では、OutSystems UIパターンを使用してWebアプリケーションにビデオを追加する方法について説明しています。

OutSystems Webアプリケーションにビデオを追加するには、様々な方法があります。

Webアプリケーションに動画ファイルを追加する{ #add-video-files-to-your-app }

最初の2つの方法では、OutSystems UIのVideoパターンを使用します。Webサーバーに保存されている動画ファイルのURLを追加するか、OutSystemsサーバーに動画ファイルをアップロードしてリソースで使用することができます。これら2つの方法の詳細については、Videoパターンのオンラインヘルプをご覧ください。

Video UIパターン

ビデオストリーミングを埋め込む{ #how-to-embed-video-streaming }

YouTubeやVimeoなどのストリーミングプラットフォームのビデオを埋め込むには、以下の手順を実行します。

  1. アプリに埋め込むビデオをインターネットブラウザで開きます。

  2. ビデオの共有オプションで埋め込みオプションを選択します。

  3. ソースビデオの埋め込み用パスをコピーします。

  4. デフォルトのビデオサイズを使用する場合は、ビデオの高さをメモに取ります。

  5. Service Studioの[Interface]タブで、ツールボックスからアプリケーションの画面にIframeブロックをドラッグします。

  6. [Properties]タブの[SourceURL]フィールドに埋め込み用URLを貼り付けます。

  7. ビデオのタイトルを入力します。このフィールドへの入力は任意です。

  8. [Height]と[Width]の値を入力します。ビデオのデフォルトのサイズで埋め込む場合は、先ほどメモに取った値を入力します。独自の値を使用することもできます。このフィールドへの入力は任意です。

  9. これでアプリケーションにビデオが埋め込まれました。