Skip to main content

 

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

LifeTimeプラグインの作成

プラグインは、LifeTimeにシームレスに統合される特殊なアプリケーションです。

画像のaltテキスト

LifeTimeプラグインを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. LifeTime環境のURLで「LifeTimeSDK」と入力し、LifeTimeSDKにアクセスします。

  2. ページの最後にある[Click here]リンクをクリックします。

    画像のaltテキスト

  3. LifeTimeプラグインの開発環境を選択します。

  4. 環境にLifeTime SDKをインストールします。その環境にすでにLifeTimeがインストールされている場合、LifeTime SDKのインストールは失敗します。この場合、LifeTimeを環境から削除してからLifeTime SDKのインストールを続行する必要があります。このとき、LifeTimeのアプリケーションは削除されます。注記: LifeTimeのアプリケーションを削除せずに無効にした場合、LifeTime SDKはインストールできません。

    画像のaltテキスト

  5. また、このときにプラグインの開発環境にサンプルデータをエクスポートします。APIによって提供されるデータはすべてLifeTimeのサーバー上にあります。そのため、開発環境にデータをエクスポートしておかないと、当然ながら開発サーバーからAPIアクションを呼び出したときにデータが返されないため、これは重要な手順です。

    画像のaltテキスト

  6. これで、コーディングを開始できるようになりました。これには、2種類の方法があります。

    • Start developing you plugin now]リンクをクリックします。

    画像のaltテキスト

    • SDKをインストールした環境に接続した状態で、Service Studioで新しいアプリケーションを作成します。LifeTimeプラグイン用の新しいテンプレートが表示されます。

    画像のaltテキスト

    このテンプレートにはすでに以下が含まれています。

    • LifeTimeにプラグインを登録するためのブートストラップアクション
    • 現在のLifeTimeユーザーに対してプラグインを表示するかどうかを構成するためのWebサービス
    • プラグインをLifeTimeの一部のように見せるためのUIテンプレートとスタイル
    • すぐに使用できるすべてのAPI

    画像のaltテキスト

  7. サンプルプラグインを確認します。ForgeGeo Performanceというサンプルプラグインは、すべてのAPIを使用してシンプルなプラグインを作成する際の参考になります。データ集約プロセスを含むパフォーマンスモニターの一部を作成する方法の例にもなります。

    画像のaltテキスト

  8. プラグインを接続します。プラグインはLifeTimeと別の環境で開発されているため、開発とテストが終わった後に統合する必要があります。そのためには、ソリューションを取得してLifeTime環境のService Centerでパブリッシュします。

  • Was this article helpful?