Skip to main content

 

 

 

 

 
Language:
 
 
 
OutSystems

データソースとしてのスプレッドシートの使用

このガイドでは、OutSystemsアプリでスプレッドシートをデータソースとして使用する方法を説明します。

OutSystemsが提供するGoogle Sheets Connectorを使用すると、Googleスプレッドシートをデータソースとして使用することができ、ユーザーがGoogleスプレッドシートで読み取りや書き込み操作を実行できるようになります。

データを取得するには、GetValueアクション(単一セルの場合)やGetValuesアクション(セル範囲の場合)を使用して読み取ります。

たとえば、Data Gridコンポーネントを画面に追加し、そこにデータシートのデータを追加することができます。

OutSystemsでデータソースとして使用するスプレッドシートからの読み取り

データグリッドで定義したRestURLで以下の手順を実行します。

  1. 取得するセルまたはセル範囲、スプレッドシートID、スプレッドシート名を設定します。
  2. GetValueまたはGetValuesアクションを呼び出します。
  3. 取得した情報を出力リストに追加します。それをData Gridにマッピングできます。

RestURLフローへのスプレッドシートデータの設定

データを元のスプレッドシートに保存するには、SetValueアクション(単一セルの場合)やSetValuesアクション(セル範囲の場合)を使用してデータを書き込みます。

たとえば、前のシナリオを使用して、Data Gridで実行された変更をすべて書き込むボタンを追加することができます。

OutSystemsでデータソースとして使用するスプレッドシートへの書き込み

データを保存するために定義したRestURLで以下の手順を実行します。

受け取ったJSONを逆シリアル化します。 生成されたレコードリストを繰り返します。 スプレッドシートID、スプレッドシート名、範囲を設定し、SetValues関数を使用して情報を保存します。

OutSystemsでデータソースとして使用するスプレッドシートへの書き込み

OutSystemsは、同様のExcelファイル向けコンポーネント(Microsoft Graph Connector)も提供しています。このコンポーネントではMicrosoft Graph APIを利用することで、Excelファイルをデータソースとして使用することができます。