Skip to main content

 

 

 

 

 
Language:
 
 
 
OutSystems

OutSystemsのドメイン駆動アーキテクチャ

このセクションでは、OutSystemsでのドメイン駆動アーキテクチャの使用に関する網羅的な情報を確認できます。このようなソリューションをいつどのように活用・検証するかを説明するほか、アーキテクチャの検証に使用できる既存の方法やツールも扱います。

アーキテクチャの課題

ソフトウェアの開発インフラの拡大に伴い、開発とデプロイを分離することはますます難しくなります。どちらも複雑化して遅くなります。わずかな変更リクエストでも実装が難しくなります。計画も立てにくくなります。これらはすべて、チーム同士の関係が悪化するということを示しています。

様々な面で相互依存が進むと、各チームはビジネスの利害関係に対処しようとして、ますます困難に直面するようになります。変更が他の業務に影響を及ぼす波及効果の抑制が難しくなります。また、関与する意思決定者が増えることで意思決定が難しくなります。

大きなモノリスを小さな扱いやすい要素に分離する必要に迫られ、チームを分離してライフサイクルを独立させるようになります。

ソフトウェアが複雑化するにつれて、チームで個別に管理できる小さな扱いやすい要素にソフトウェアを分割して整理する必要性も高まります。

戦略的アプローチと技術的アプローチ

戦略的アプローチの目的は、ソフトウェア開発やチームをビジネスの利害関係と調和させることです。このアプローチは、重点を置く必要がある内容や、ビジネスニーズに関連する具体的なビジネス領域にチームを導くために必要になります。また、ビジネスにとって重要度の高い内容に対して最大限の努力を続けることができるようになります。

技術的アプローチの目的は、ソフトウェア開発モデルが破綻しないように開発を導くことです。両方のアプローチのバランスについては、次に説明します。

どのような状況でも当てはまりますか。あらゆるソフトウェア開発インフラに適用されますか。両方のアプローチを見ていきましょう。

シンプルなロジックとより高速な集中開発? 継続的統合、継続的デリバリー、拡張性?

各オプションには、メリットとデメリットがあります。主なものを見てみましょう。

これで基本については理解できたので、以下のトピックをドリルダウンしてください。

  • Was this article helpful?