Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Architecture Dashboardの仕組み

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

Architecture Dashboardは2つの要素で構成されています。

  • Architecture Dashboard Plugin - プラットフォームインストール(オンプレミスまたはクラウド)内でパブリッシュされ、データの収集やSaaSとの通信を行うプローブを含むLifeTimeプラグイン。

  • Architecture Dashboard SaaS - プラグインで収集されたすべてのデータの処理と表示を行う「サービスとしてのソフトウェア」アプリケーション。

Architecture Dashboardの図

通信

プラグインとSaaSの間の通信は、常にプラグイン側から開始されます。LifeTime環境のプラグインからArchitecture Dashboard SaaSエンドポイントへの接続さえあればよいため、ユーザー側の接続要件が少なくてすみます。

プラグインが収集してSaaSに送信するデータ

Architecture Dashboardはインフラから次のデータを収集します。

  • インフラのアクティベーションコード、環境の情報(名前、Platform Serverのバージョン)、チーム、プラットフォーム構成を含む、プラットフォームのメタモデルデータ。

  • アプリケーション、モジュール(コード解析時)、LifeTime Analyticsデータ(ランタイムパフォーマンス分析時)。

  • Discoveryのスナップショットデータ(アーキテクチャの参照、アプリケーション、モジュール)(アーキテクチャ分析時)。

  • ユーザー情報(名前、ユーザー名、メールアドレス、最終ログイン日)(Architecture Dashboardの設定時。データ処理に関して同意した場合)。

各インストールのデータは、OutSystems Cloud上に、プラットフォームのマルチテナントメカニズムによって他のすべてのインストールとは分離された状態で保持されます。そのため、別のインストールのユーザーがアクセスすることはできません。

送信中のデータ

  • プラグインとSaaSの間のデータのやりとりは、バイナリ形式で、既知のHTTPSエンドポイントを介して行われます。

  • IPアドレスやDNSアドレスは送信されません。

  • デフォルト以外のポートを開くことなく、Architecture Dashboardプローブを正常に使用することができます。

  • ファイアウォールに関する問題は発生しませんが、エンドポイントへのアクセスが必要です。詳細については、「Architecture Dashboardの設定方法」をご覧ください。

SaaSで保存中のデータ

  • 各インストールのデータは、プラットフォームのマルチテナントメカニズムによって他のすべてのインストールとは分離された状態で保持されます。そのため、別のインストールのユーザーがアクセスすることはできません。

関連リソース

セキュリティおよびコンプライアンスの詳細については、以下のよくある質問のセクションをご覧ください。