Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Architecture Dashboardの概要

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

Architecture DashboardはOutSystemsの技術的負債監視ツールです。このツールを利用することで、ITリーダーはポートフォリオをまたぐ複雑なアーキテクチャを視覚化して問題を特定することができ、開発者はベストプラクティスを適用してよくあるリスクを回避することができます。

Architecture Dashboardによる技術的負債の管理

組織がリリースサイクルの短縮に取り組み、本職でない開発者(シチズンデベロッパー)による業務アプリケーションの作成を奨励する中で、必然的に技術的負債の管理が大きな課題になっています。

Architecture Dashboardを使用すると、開発サイクルのすべての段階で技術的負債を効果的に管理できるため、部門内のアプリケーションを全社向けに拡張する場合でもコードの書き換えが発生しなくなります。

アーキテクトや開発チームのリーダーは、組織の技術的負債を総合的かつ俯瞰的に確認して問題のある箇所を特定し、優先的に対応することができます。開発者は、ベストプラクティスの違反とその影響、および修正方法を詳細なレポートで確認できます。

Architecture Dashboardの分析内容

Architecture Dashboardは、コード解析とランタイムパフォーマンス分析という2種類の分析を実行します。これらを組み合わせることでコンテキストが付加され、検出項目の妥当性が向上します。

コード解析

作成したローコードを解析するにあたり、Architecture Dashboardはモジュールに接続したプローブを使用して事前定義された一連のルールを実行し、次のカテゴリでコードパターンを評価します。

  • パフォーマンス
  • アーキテクチャ
  • 保守性
  • セキュリティ

現在分析対象になっているパターンの一覧については、こちらをご覧ください。

ランタイムパフォーマンス分析

Architecture Dashboardのランタイムパフォーマンス分析では、LifeTimeの分析データとコードの検出項目を組み合わせて評価し、改善の必要性や緊急性の高いケースを提示します。この情報を活用することで、ランタイムパフォーマンスの問題に効率よく対処できます。

Architecture Dashboardの機能へのアクセス

Architecture Dashboardの機能には、インフラに関連付けられているOutSystemsのエディションによってアクセスできる範囲が異なるものがあります。

チーム
LifeTimeのチームごとにアプリポートフォリオや技術的負債の検出項目をフィルタリングする機能は、StandardエディションとEntrpriseエディションで利用できます。
負債の履歴
技術的負債のすべての分析履歴を確認する機能は、StandardエディションとEntrpriseエディションで利用できます。Basicエディションでは、過去1か月分の技術的負債の分析履歴にアクセスできます。

無償版に関連付けられているインフラでは、Architecture Dashboardを使用することはできません。

Architecture Dashboardへのアクセス方法

Architecture Dashboardの使用を開始するには、インフラとITユーザーがArchitecture Dashboardに関連付けられている必要があります。詳細については、前提条件とArchitecture Dashboardの設定方法をご覧ください。

Architecture Dashboardにアクセスするには、https://architecture.outsystems.com/に移動し、OutSystemsアカウントでログインします。

  • Was this article helpful?