Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
モバイルアプリとリアクティブWebアプリにのみ適用されます
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

On Application Ready

ホームモジュールを読み込む間、アプリはOn Application Readyを実行します。On Application Readyを使用して、変数やモバイルプラグインの初期化などのアプリの設定を行います。

On Application Readyアクションは非同期的に実行され、画面の描画を妨げません。

すでに説明したとおり、On Application Readyはホームモジュールの読み込みの間だけ実行されるように設計されています。したがって、このアクションはホームモジュール以外では無視されます。

モバイルまたはリアクティブWebアプリにOn Application Readyアクションを追加するには、Service Studioで以下の手順を実行します。

  1. アプリのホームモジュールで、[Logic]タブを開きます。

  2. ツリーでClient Actionsノードを右クリックし、[Add System Event > On Application Ready]を選択します。

    コンテキストメニューのシステムイベント

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
  • Was this article helpful?