Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

Excel To Record List

Excelオブジェクトをレコードリストに変換します。このロジックツールは、実行時にアプリでExcelファイルからデータを読み込む必要がある場合に使用します。

Excel To Record Listを使用するには、インポートするExcelファイルのコンテンツに対応するエンティティまたはストラクチャが必要です。Record Definitionプロパティで指定されたエンティティ/ストラクチャのアトリビュートと、Excelファイルの列のヘッダーが照合されます。

Addressという名前のエンティティとインポートするデータを含む有効なExcelファイルの例を以下に示します。

エンティティアトリビュートとインポートするデータを含むExcelファイル

Excelファイル内に対応する列がないエンティティアトリビュートは、それぞれのデータ型のデフォルト値(例: Textアトリビュートの場合は"")になります。

このツールを使用するには、インポートするExcelファイルのコンテンツをFile Contentプロパティでバイナリデータとして指定します。Excelの特定のシートのデータをインポートするには、Sheet Nameプロパティでシート名を指定します。デフォルトでは、最初のシートのデータがインポートされます。

正常にインポートされたレコードを繰り返すには、For Eachを使用し、For EachのRecord ListプロパティをExcel to Record List要素の名前に設定します。

Excel to Record Listを使用してインポートしたデータを処理するフローの例を以下に示します。

Excelファイルからデータをインポートするフローの例

Excel To Record Listでは、エンティティのすべての必須アトリビュートがについて、Excelファイルのデータに値が含まれているかどうかは検証されません。サーバーアクション(この例では、ValidateAddress)を使用して、インポートされたデータが必須アトリビュートなどのビジネスルールに適合しているかどうかを確認することや、CreateAddressエンティティアクションによってスローされた例外を処理することができます。

ヒント: アプリケーションの開発中、設計時にExcelファイルからデータをインポートする必要がある場合は、以下のトピックをご覧ください。

使用できる場所

Excel To Record Listはサーバーアクションでのみ使用できます。リアクティブWebアプリやモバイルアプリでは、アップロードされたファイルをサーバーに送信してから、サーバーアクションでファイルを処理する必要があります。詳細については、「エンドユーザーがファイルをアップロードできるようにする」をご覧ください。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Record Definition 読み込むデータのストラクチャを定義するエンティティまたはストラクチャ。 Yes
File Content Excelファイルを保持します。 Yes 求められるデータ型はBinary Dataです。
Sheet Name インポートするExcelシート名。デフォルトでは、「Sheet1」というシートがファイル内になければ、最初のシートがインポートされます。
  • Was this article helpful?