Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

入力パラメータ

入力パラメータを使用すると、要素にデータを渡してさらに活用することができます。入力パラメータはその要素のスコープ内で利用可能になります。

たとえば、クライアントアクションに入力パラメータを追加すると以下を行うことができます。

  • クライアントアクションを呼び出すときにその入力パラメータの値を指定する。

  • Expression内で使用したり、その他の呼び出しの入力パラメータ値の一部として使用したりするなど、クライアントアクションのロジックフロー内で値を使用する。

以下の例では、GetWeatherDataクライアントアクションに2つの入力パラメータ(CityおよびCountry)と1つの出力パラメータ(WeatherInfo)があります。

2つの入力パラメータと1つの出力パラメータを持つクライアントアクションの例

入力パラメータは必須の場合とオプションの場合があり、Is Mandatoryプロパティに基づきます。

クライアントアクションから他のアクションを呼び出すと、入力パラメータはクライアントアクションのスコープ内ではなくなるのでアクセスできなくなります。入力パラメータ値が他の呼び出しにアクセスできるようにするには、アクションの呼び出しの引数に入力パラメータを含めます。

使用方法

入力パラメータを持つクライアントアクションなどの要素を呼び出す場合、呼び出しの一部としてクライアントアクションに送信される必須の入力パラメータについてはすべてを指定する必要があります。オプションの入力パラメータの値については省略可能です。入力パラメータ値は入力引数とも呼ばれます。

たとえば、先ほど示したものと同じGetWeatherDataクライアントアクションについて考えます。CityおよびCountry入力パラメータの値を以下のように設定してこのクライアントアクションを呼び出すことができます。

クライアントアクションを呼び出す際の入力パラメータの設定(例)

入力パラメータ値はRun Client Action要素のプロパティで定義します。これらの引数は他のプロパティからインデントされて表示されます。

入力パラメータ値を設定するには、対応するプロパティにExpressionを入力します。

入力パラメータの使用の可否

要素ツリーに表示される以下の要素は入力パラメータを持つことができます。

  • サーバーアクションとクライアントアクション
  • 画面とブロック
  • プロセス
  • 公開された/利用しているRESTメソッド
  • 公開済み/利用対象のSOAP Webサービスメソッド
  • SAPリモート関数
  • REST、SOAP、SAP連携のコールバックアクションおよび認証アクション(ただし、これらのアクションのデフォルトの入力パラメータを変更することはできません)
  • メール
  • 外部サイト
  • JavaScript要素(クライアントアクションで使用可能)

以下の要素の入力パラメータには追加のプロパティがあります。

詳細については、各リファレンスのトピックをご覧ください。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Default Value この要素の初期値。未定義の場合、データ型のデフォルト値が使用されます。
Is Mandatory [Yes]に設定すると、値の設定が必須になります。 Yes Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Data Type 入力パラメータのデータ型。 Yes
  • Was this article helpful?