Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

OutSystems API

OutSystemsには、アプリケーションの機能を拡張できるAPIが用意されています。これらのAPIを使用すると、アプリケーションを外部システムと連携したり、OutSystemsの機能にプログラムでアクセスしたりすることができます。

使用できるAPIは以下のとおりです。

ビジネスプロセス

API名 利用方法 説明
BPT API 参照エクステンション プロセスとアクティビティを管理するための機能を提供します。

チャート

API名 利用方法 説明
Charts API 参照モジュール Webやモバイルデバイスでチャートの描画を可能にします。

データベース

API名 利用方法 説明
DbCleaner API 参照モジュール エンティティ、アトリビュート、モジュールバージョンに関連するデータベース内のテーブルや列を削除するアクションを提供します。
RuntimePublic.Db API .NETクラス エクステンションモジュールによる環境コンソールで構成されたデータベースの呼び出しを可能にします。

エンドユーザー管理

API名 利用方法 説明
Users API 参照モジュール プログラムによるOutSystemsのユーザーとロールの管理を可能にします。

インフラおよびITユーザー管理

API名 利用方法 説明
LifeTime API REST API OutSystemsインフラのアプリケーション、モジュール、環境、デプロイの管理を可能にします。
LifeTime Services API SOAP Webサービス OutSystemsで利用できるインフラを管理する機能を提供します。
LifeTime SDK 参照モジュール 独自プラグインの開発など、LifeTimeの機能を拡張するためのAPI。

連携

API名 利用方法 説明
BinaryData API 参照エクステンション テキストとBase64テキストの相互変換、エンコード変換、バイナリコンテンツ長、バイナリデータ比較など、バイナリコンテンツを操作するためのAPI。
HTTPRequestHandler API 参照エクステンション HTTPリクエストとHTTPレスポンスを操作できる機能を持つAPI。
REST Extensibility API .NETクラス 他のREST APIから利用されるメソッドが使用するリクエストとレスポンスのコンテンツへのアクセスを可能にするAPI。

監視とトレーサビリティ

API名 利用方法 説明
Asynchronous Logging API 参照エクステンション 拡張性の高いロギング実行メカニズムを提供します。

スクリプト

API名 利用方法 説明
JavaScript API 事前定義済みJavaScriptオブジェクト JavaScriptコード内でのOutSystemsの特定のアクションの呼び出しやモバイルアプリイベントへの対応、最終ユーザーのモバイルアプリエクスペリエンスの微調整やカスタマイズを可能にします。

システムアクション

API名 利用方法 説明
System Actions 参照システムモジュール リストやアクティビティなどのシステム要素に対する操作を可能にするクライアントアクションとサーバーアクションが含まれます。

セキュリティと暗号

API名 利用方法 説明
Sanitization API 参照エクステンション 信頼できないコンテンツ(エンドユーザーから収集されるコンテンツ)を含める必要があるHTML、JavaScript、SQLスニペットでコードインジェクションを防ぐためのメソッドを提供します。

テキスト

API名 利用方法 説明
Text API 参照エクステンション 正規表現を使用した検索と置換、分割、日時の書式設定などのテキスト操作機能を提供します。

このセクションの記事

  • Asynchronous Logging API
    Asynchronous Logging APIは、データベースへのレコードの挿入やアプリケーションのリクエストイベントの登録を非同期で実行するためのアクションを提供します。
  • BinaryData API
    長さの取得やバイナリからテキストへのコンテンツの変換など、バイナリデータコンテンツを操作するためのアクションを提供します。
  • BPT API
    プロセスアクティビティ用のカスタム受信トレイを作成するための低レベルAPI。
  • DbCleaner API
    データベースの空き領域を確保します。
  • HTTPRequestHandler API
    HTTPリクエストとHTTPレスポンスを操作するためのアクションを提供します。
  • Sanitization API
    信頼できないコンテンツ(エンドユーザーから収集されるコンテンツなど)を含める必要があるHTML、JavaScript、SQLスニペットでコードインジェクションの回避に役立つメソッドを提供するAPI。
  • REST Extensibility API
    .NETで他のREST APIから利用されるメソッドが使用するリクエストとレスポンスのコンテンツへのアクセスを可能にします。
  • システムアクション
    リスト操作を含む、OutSystemsで利用可能なシステムアクション(サーバーアクションとクライアントアクションの両方)のリスト。
  • Text API
    結合、分割、正規表現を使用した検索と置換、日時表記のカスタム書式設定など、文字列操作のためのアクションを提供します。
  • Users API
    エンドユーザーとグループを管理するためのAPI。
  • Was this article helpful?