Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

はじめに: アプリのFAQチャットボットを作成する

FAQチャットボットは情報が頻繁に変更されないときに役立ちます。これには製品マニュアル、営業時間や住所などの情報が含まれます。チャットボットを作成するには、Azure側でナレッジベースを準備し、リソースをいくつか作成する必要があります。OutSystems側では、UIとロジックを含むチャットボットブロックを追加し、Azureと通信できるようにブロックを設定します。

このガイドは、リアクティブWebアプリバージョンのコンポーネント用です。従来のWebアプリバージョンの場合も似ていますが、サーバー側のロジックが中心になります。

OutSystems.AI Chatbotコンポーネントを使用してチャットボットを作成するには、以下が必要です。

  • 有効なサブスクリプションがあるMicrosoft Azureアカウント
  • Forgeコンポーネントを環境にインストールする権限

OutSystemsはチャットボットの開発を高速化するため、Microsoft Azureと連携するOutSystems.AI Chatbotコンポーネントを作成しました。FAQチャットボットを作成するために必要な手順の概要を以下に示します。

構成ウィザードを使用する

チャットボットの構成ウィザードでは、チャットボットの作成プロセスをガイドに従って進めることができます。これは、チャットボットコンポーネントをインストールした環境内で実行されるアプリです。詳細については、「チャットボットの構成ウィザード」をご覧ください。

ガイドの手順を使用する

このセクションは、以下のドキュメントを使用する場合にお読みください。チャットボットの構成ウィザードを使用して、FAQチャットボットの設定をすばやく行うこともできます。

FAQチャットボットの作成の概要

  1. 質問と回答を準備します。まず、スプレッドシートに質問と回答を入力する必要があります。詳細については、「ナレッジベースのデータを準備する」をご覧ください。

  2. ナレッジベースを作成してテストします。質問と回答が用意できたら、QnA Makerに送信します。QnA Makerの自然言語処理によって可能な質問と回答が広がります。そのため、ユーザーに多様な会話を提供できるようになります。詳細については、ナレッジベースを作成する方法をご覧ください。

  3. QnA Makerサービスを作成します。このサービスはアプリを実行し、チャットボットサービスがナレッジベースを使用できるようにします。詳細については、QnA Makerサービスを作成する方法をご覧ください。

  4. ナレッジベースをパブリッシュしてボットサービスを作成します。ナレッジベースの準備ができ、サービスがリクエストを管理できるようになったら、ナレッジベースをパブリッシュし、他のアプリからのリクエストをリッスンするチャットボットサービスを作成します。詳細については、ナレッジベースをパブリッシュしてチャットボットサービスを作成する方法をご覧ください。

  5. チャットボットのDirect Lineチャネルを作成します。OutSystemsアプリは、Direct Lineチャネルを使用して、ナレッジベースを実行するチャットボットサービスと通信します。詳細については、ボットサービス用のDirect Lineチャネルを追加する方法をご覧ください。次の手順で必要になるため、いずれかの秘密鍵を記録しておきます。

  6. チャットボットUIを追加して構成します。Azureバックエンドの準備ができたら、OutSystems.AI Chatbotコンポーネントを環境にインストールし、Chatbotブロックをアプリに追加して構成します。詳細については、OutSystemsアプリにチャットボットユーザーインターフェイスを追加する方法をご覧ください。最後に、アプリをパブリッシュします。

  • Was this article helpful?