Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

画面のリストアイテムを更新する

リストの項目を編集する際には、インターフェイスで影響を受ける項目だけをリフレッシュするほうが、リスト全体をリフレッシュするよりも効率的です。OutSystemsでは、リストを操作するシステムアクションが用意されています。操作中のリストが画面に表示されているときには、これらのアクションは画面に表示されている影響を受ける要素も即座にリフレッシュできます。

リアクティブWebおよびモバイルアプリのリストアイテムを更新するには、以下の手順を実行します。

  1. 画面にリストを表示します。
  2. リストを更新するボタンまたはリンクを追加します。
  3. ボタンまたはリンクに関連付けられているアクションで、Run Client Actionをツールボックスからアクションフローにドラッグします。
  4. 以下のシステムアクションからのつを選択し、画面に表示されているウィジェットに結び付けられているリスト変数の要素を操作します。
    • ListAppend
    • ListAppendAll
    • ListInsert
    • ListRemove
    • ListClear
  5. ウィジェットには更新されたリストが自動的に表示されます。