Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

アプリケーションロジックを実装する

OutSystemsでは、アプリケーションのロジックはアクションを通じて実装されます。アプリケーション開発中は、独自のカスタムアクションを作成して、そのアクションを使用することができます。OutSystemsでは、以下のアクションが用意されています。

  • OutSystemsビルトインアクション: プラットフォームにより定義されたアクションであり、修正や検査を行うことはできません。エンティティアクション、システムアクション、またはロールアクションなどのアクションフローで使用できます。

  • カスタムアクション: 独自のビジネスルールの定義、データベースからのデータの取り出し、外部システムとの連携の実行、その他の操作のために作成したアクションです。

  • システムイベントを処理するアクション: Webセッションの開始時やモバイルアプリの再開時など、アプリケーションのライフサイクルの特定の時点で実行されるアクションです。これらのアクションのフローをビジネスルールに従って設計できます。

リアクティブWebおよびモバイルアプリのアクション

リアクティブWebやモバイルアプリのアーキテクチャは、従来のWebアプリやサービスアプリとは異なります。これにより、利用可能なアクションのタイプと、ロジックが実行されるコンテキストが影響を受けます。従来のWebアプリやサービスアプリでは、すべてのロジックがサーバー上で実行されますが、リアクティブWebやモバイルアプリでは、ロジックがサーバー上で実行される場合と、クライアント、つまり、ユーザーのデバイス上で実行される場合があります。

リアクティブWebおよびモバイルアプリのロジック開発時には、クライアント側ロジックがサーバー側ロジックの実行を必要とする場合、常にユーザーデバイスがサーバーに対してリクエストを行い、サーバーの応答を待つという点を考慮する必要があります。この通信では、ユーザーのデバイスがオンライン状態(インターネットに接続されている状態)である必要があります。

このセクションの記事

  • Expressionの編集
    Expressionエディタは、Expressionの編集や検証を行うために使用します。Expressionエディタには、変数や関数などの使用可能な要素が表示されます。オートコンプリートとサジェスチョンを使用することもできます。
  • AI支援開発機能
    OutSystemsのAI支援開発機能を使用すると、アプリのロジックをすばやく作成することができます。AIによるサジェスチョンを利用してロジックのノードをフローに自動的に追加することができ、ローコード開発をすばやく行うことができます。
  • リアクティブWebおよびモバイルアプリのアクション
    リアクティブWebアプリとモバイルアプリで作成できるアクションについて詳細に説明しています。
  • 画面とブロックのライフサイクルイベント
    画面とブロックは、一連のステージで構成されるライフサイクルに従います。そのようなステージの概要と、各ステージでできることについて説明しています。
  • For Eachを使用してリストを繰り返す
    For Eachを使用してロジックでリストを繰り返す方法について説明しています。
  • 画面のリストアイテムを更新する
    従来のWebアプリで画面をリロードせずに、リストを画面上で操作して即座に更新する方法について説明しています。
  • Was this article helpful?