Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

ルックアンドフィール

このセクションの記事

  • ウィジェットの外観をスタイルエディタで変更する
    スタイルエディタは、ウィジェットの色、サイズ、配置や枠線などのルックアンドフィールを編集するためのパネルです。スタイルをCSSクラスとして保存し、アプリの他の場所に適用することができます。
  • カスケーディングスタイルシート(CSS)
    OutSystemsのCSSの基本です。
  • プレースホルダを使用して画面レイアウトを設計する
    レイアウトを使用すると、画面上の要素の配置とルックアンドフィールを定義できます。レイアウトは多くの画面で再利用でき、一貫性があり
  • テーマ
    テーマを編集または作成するには、テーマのストラクチャの基礎を理解する必要があります。事前定義済みブロックとプレースホルダを通してテーマをプラットフォームに組み込む方法について説明しています。
  • テーマエディタを使用してアプリの外観をカスタマイズする
    テーマエディタを使用してアプリの全体的なスタイルをカスタマイズします。行った各変更は、Service Studioでただちにアプリに適用されます。
  • 右横書き(RTL)
    右横書き(RTL)コンテンツを表示するアプリを作成します
  • レスポンシブUI
    OutSystemsには、一連のアダプティブ動作やレスポンシブ動作が用意されています。これにより、開発者はブラウザ、デバイス、解像度を問わず動作するアプリケーションを簡単に開発できるようになります。
  • Was this article helpful?