Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

server.hsconf構成ファイルのリファレンス

この記事の適用対象: OutSystems 11  その他のバージョンに関する記事: 10

server.hsconfは、OutSystemsプラットフォームの必要な構成をすべて含むXMLファイルです。server.hsconf構成ファイルの設定はConfiguration Toolのユーザーインターフェイスで利用可能な設定に対応しています。

server.hsconf構成ファイルのテンプレートを生成するには、以下のConfiguration Toolのコマンドラインを使用し、ご利用のデータベース管理システムに対応するテンプレートを選択します。

ConfigurationTool.com /GenerateTemplates

server.hsconf構成ファイルでは、カテゴリで整理されたキーと値のペアの設定を定義します。構文は以下のとおりです。

<EnvironmentConfiguration>
<CATEGORY [ProviderKey="[SqlServer|Oracle]"]>
    <KEY [encrypted="[false|true]"]>VALUE</KEY>
    ...
</CATEGORY>
    ...
</EnvironmentConfiguration>

以下のセクションでは、構成ファイルの各カテゴリで利用可能な構成の詳細を説明します。

プラットフォームデータベース構成

以下のXML要素は、Platform Database構成カテゴリの構成を定義します。

<PlatformDatabaseConfiguration ProviderKey="[SqlServer|Oracle]">
    <KEY [encrypted="[false|true]"]>VALUE</KEY>
    ...
</PlatformDatabaseConfiguration>

ProviderKeyアトリビュートは、構成を適用するデータベース管理システムを指定します。

共通構成

以下は、データベース管理システムに依存しない構成です。

|キー|値|説明|

|AdminUser|OutSystemsメタモデルテーブルの所有者の名前。|| |AdminPassword|OutSystemsメタモデルテーブルの所有者のパスワード。|Configuration Toolはクリアテキストのパスワードを読み取り、暗号化されたバージョンを保存します。| |RuntimeUser|Development環境で作成されたテーブルの所有者の名前。|| |RuntimePassword|Development環境で作成されたテーブルの所有者のパスワード。|Configuration Toolはクリアテキストのパスワードを読み取り、暗号化されたバージョンを保存します。| |RuntimeAdvancedSettings|OutSystemsサービスの接続文字列に追加されるADO.NET形式の設定。|これにより、OutSystemsアプリケーションで特定の接続文字列を使用することができます。| |ServicesAdvancedSettings|OutSystemsサービスの接続文字列に追加されるADO.NET形式の設定。|これにより、OutSystemsサービスで特定の接続文字列を使用することができます。|

|キー|値|説明|

|Unicode|「true」または「false」。
このフィールドはカスタマイズしないでください。OutSystemsはレガシーシステムでは非Unicodeのみをサポートします。|データベースがUnicodeをサポートするかどうかを定義します。| |UsedAuthenticationMode|「Database Authentication」または「Windows Authentication」。|使用する認証プロトコル。| |Server | データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。|| |Catalog | OutSystemsが使用するデータベースカタログ。||

Oracle

以下は、Oracleに固有の構成です。

|キー|値|説明|

|IntrospectionMethod|内部用。カスタマイズしないでください。|| |CI_AI|「true」または「false」。
内部用。カスタマイズしないでください。|大文字と小文字およびアクセントを区別しないモード。| |DateFunction|日付の取得に使用する関数。
内部用。カスタマイズしないでください。|| |DDLLockTimeout|数値。
内部用。カスタマイズしないでください。|DDLロック操作で使用するタイムアウト。| |NamingType|「Service Name」または「TNS Name」。|使用する接続モード。| |TNSName|tnsnames.ora構成ファイルで定義されているアドレス名。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |Host | データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |Port | データベースサービスが検出を行うポート。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |ServiceName|Oracleデータベースサービスの名前。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |NLS_Language|NLS_LANG Oracleの言語環境のパラメータ。|Oracleドライバから返されるメッセージのロケールを変更します。| |NLS_Territory|NLS_LANG OracleのTerritory環境のパラメータ。|Oracleドライバから返されるメッセージのロケールを変更します。| |AdminTablespace|システムテーブルの保存先となるテーブルスペース。|| |IndexTablespace|プラットフォームの全インデックスの保存先となるテーブルスペース。|| |RuntimeTablespace | 開発環境で作成されたテーブルの保存先となるテーブルスペース。|

ロギングデータベース構成

以下のXML要素は、ロギングデータベース構成カテゴリの構成を定義します。

<LoggingDatabaseConfiguration ProviderKey="[SqlServer|Oracle]">
    <KEY [encrypted="[false|true]"]>VALUE</KEY>
    ...
</LoggingDatabaseConfiguration>

ProviderKeyアトリビュートは、Platform Database構成で設定されたProviderKey値と一致している必要があります。このアトリビュートは、構成を適用するデータベース管理システムを指定します。

共通構成

以下は、データベース管理システムに依存しない構成です。

|キー|値|説明|

|AdminUser|OutSystemsロギングメタモデルテーブルの所有者の名前。|| |AdminPassword|OutSystemsロギングメタモデルテーブルの所有者のパスワード。|Configuration Toolはクリアテキストのパスワードを読み取り、暗号化されたバージョンを保存します。| |RuntimeUser|アプリケーション実行時にログにアクセスするときに使用するユーザーの名前。|| |RuntimePassword|アプリケーション実行時にログにアクセスするときに使用するユーザーのパスワード。|Configuration Toolはクリアテキストのパスワードを読み取り、暗号化されたバージョンを保存します。| |RuntimeAdvancedSettings|OutSystemsサービスの接続文字列に追加されるADO.NET形式の設定。|これにより、OutSystemsアプリケーションで特定の接続文字列を使用することができます。|

|キー|値|説明|

|Unicode|「true」または「false」。
このフィールドはカスタマイズしないでください。OutSystemsはレガシーシステムでは非Unicodeのみをサポートします。|データベースがUnicodeをサポートするかどうかを定義します。| |UsedAuthenticationMode|「Database Authentication」または「Windows Authentication」。|使用する認証プロトコル。Platform Database構成と一致している必要があります。| |Server | データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。|| |Catalog | ロギングで使用するデータベースカタログ。||

Oracle

以下は、Oracleに固有の構成です。

|キー|値|説明|

|IntrospectionMethod|内部用。カスタマイズしないでください。|| |CI_AI|「true」または「false」。
内部用。カスタマイズしないでください。|大文字と小文字およびアクセントを区別しないモード。| |DateFunction|日付の取得に使用する関数。
内部用。カスタマイズしないでください。|| |DDLLockTimeout|数値。
内部用。カスタマイズしないでください。|DDLロック操作で使用するタイムアウト。| |NamingType|「Service Name」または「TNS Name」。|使用する接続モード。| |TNSName|tnsnames.ora構成ファイルで定義されているアドレス名。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |Host | データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |Port | データベースサービスが検出を行うポート。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |ServiceName|Oracleデータベースサービスの名前。
このオプションは、NamingTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |NLS_Language|NLS_LANG Oracleの言語環境のパラメータ。|Oracleドライバから返されるメッセージのロケールを変更します。| |NLS_Territory|NLS_LANG OracleのTerritory環境のパラメータ。|Oracleドライバから返されるメッセージのロケールを変更します。| |AdminTablespace|システムテーブルの保存先となるテーブルスペース。|| |IndexTablespace|プラットフォームの全インデックスの保存先となるテーブルスペース。|| |RuntimeTablespace | 開発環境で作成されたテーブルの保存先となるテーブルスペース。| |LogTablespace | ロギングテーブルを保存するテーブルスペース。||

セッションデータベース構成

以下のXML要素は、セッションデータベース構成カテゴリの構成を定義します。

<SessionDatabaseConfiguration ProviderKey="[SqlServer|Oracle]">
    <KEY [encrypted="[false|true]"]>VALUE</KEY>
    ...
</SessionDatabaseConfiguration>

ProviderKeyアトリビュートは、Platform Database構成で設定されたProviderKey値と一致している必要があります。このアトリビュートは、構成を適用するデータベース管理システムを指定します。

共通構成

以下は、データベース管理システムに依存しない構成です。

|キー|値|説明|

|SessionUser|OutSystemsセッションメタモデルテーブルの所有者の名前。|| |SessionPassword|OutSystemsセッションメタモデルテーブルの所有者のパスワード。|Configuration Toolはクリアテキストのパスワードを読み取り、暗号化されたバージョンを保存します。| |SessionAdvancedSettings|OutSystemsサービスの接続文字列に追加されるADO.NET形式の設定。|これにより、OutSystemsアプリケーションで特定の接続文字列を使用することができます。| |DeleteExpiredSessionsAvoidLockRowCount|数値。
内部用。カスタマイズしないでください。|

|キー|値|説明|

|UsedAuthenticationMode|「Database Authentication」または「Windows Authentication」。|使用する認証プロトコル。
Platform Database構成と一致している必要があります。| |Server|データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。|| |Catalog | OutSystemsが使用するデータベースカタログ。||

Oracle

以下は、Oracleに固有の構成です。

|キー|値|説明|

|IntrospectionMethod|内部用。カスタマイズしないでください。|| |CI_AI|「true」または「false」。
内部用。カスタマイズしないでください。|大文字と小文字およびアクセントを区別しないモード。| |DateFunction|日付の取得に使用する関数。
内部用。カスタマイズしないでください。|| |DDLLockTimeout|数値。
内部用。カスタマイズしないでください。|DDLロック操作で使用するタイムアウト。| |IdType|「Service Name」または「TNS Name」。|使用する接続モード。| |TNSName|tnsnames.ora構成ファイルで定義されているアドレス名。
このオプションは、IdTypeが「TNS Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |Host | データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。
このオプションは、IdTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |Port | データベースサービスが検出を行うポート。
このオプションは、IdTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |ServiceName|Oracleデータベースサービスの名前。
このオプションは、IdTypeが「Service Name」に設定されている場合のみ利用可能です。詳細については、こちらをご覧ください。| |NLS_Language|NLS_LANG Oracleの言語環境のパラメータ。|Oracleドライバから返されるメッセージのロケールを変更します。| |NLS_Territory|NLS_LANG OracleのTerritory環境のパラメータ。|Oracleドライバから返されるメッセージのロケールを変更します。| |SessionTablespace|セッションテーブルの保存先となるテーブルスペース。||

サービス構成

以下のXML要素は、サービス構成カテゴリの構成を定義します。

<ServiceConfiguration>
    <KEY>VALUE</KEY>
    ...
</ServiceConfiguration>

利用可能な構成は以下のとおりです。

|キー|値|説明|

|CompilerServerHostname|デプロイメントコントローラサーバーのホスト名またはIPアドレス。|後でフロントエンドサーバーを簡単に追加できるようにするため、ホスト名として値localhostを使用することは推奨されません。| |CompilerServerPort|Numeric value |デプロイメントコントローラサーバーにおいてデプロイメントコントローラサービスが使用するポート。| |DeploymentServerPort|Numeric value.|フロントエンドサーバーにおいてデプロイサービスが使用するポート。| |SchedulerServerPort|Numeric value.|フロントエンドサーバーにおいてスケジューラサービスが使用するポート。| |SupportAsynchronousLog|「true」または「false」。
内部用。カスタマイズしないでください。|| |ServiceInitializationTimeoutInSeconds|数値。|サービスを再起動するまでのタイムアウト。デフォルト値は180秒です。|

サーバー構成

以下のXML要素は、サーバー構成カテゴリの構成を定義します。

<ServerConfiguration>
    <KEY>VALUE</KEY>
    ...
</ServerConfiguration>

利用可能な構成は以下のとおりです。

キー 説明
ApplicationServerPort 内部用。カスタマイズしないでください。 デフォルトポートは80です。
ApplicationServerSecurePort 内部用。カスタマイズしないでください。 デフォルトポートは443です。
MaxConcurrentTimers 数値。各フロントエンドサーバーで同時に実行できるタイマー(非同期ジョブ)の最大数。
PlatformServerAdminPassword Platform Serverの管理者ユーザーのパスワード。 Configuration Toolはこのキーのクリアテキストのパスワードを読み取って、暗号化されたバージョンをデータベースに保存し、それをPlatform Serverの管理者ユーザーのパスワードとして設定します。また、このキーをファイルから削除します。

パスワードがこのファイルに直接記述されている場合、Configuration Toolは検証を一切行いません。つまり、どのような値でもパスワードとして許容されます。
一方、コマンドラインで実行されるConfiguration Toolでこのパスワードを定義する場合、パスワードは6文字以上の長さで、ユーザー名を含まないものにする必要があります。
WeeksToKeep 数値。 ログファイルが保管される期間を表示します。この期間を過ぎるとログテーブルがローテーションされ、情報は失われます。

ネットワーク構成

以下のXML要素は、ネットワーク構成カテゴリの構成を定義します。

<NetworkConfiguration>
    <KEY>VALUE</KEY>
    ...
</NetworkConfiguration>

利用可能な構成は以下のとおりです。

|キー|値|説明|

|ApplicationServerVersion|内部用。カスタマイズしないでください。|| |OutgoingIPAddress|フロントエンドサーバーがDeployment Controller Serviceで登録するIPアドレス。自動にする場合は空のままにします。|| |RequiresSoapHeadersSlowRetrieval|内部用。カスタマイズしないでください。|| |ServerKind|内部用。カスタマイズしないでください。||

キャッシュ無効化構成

以下のXML要素は、キャッシュ無効化構成カテゴリの構成を定義します。

<CacheInvalidationConfiguration>
    <KEY [encrypted="[false|true]"]>VALUE</KEY>
    ...
</CacheInvalidationConfiguration>

アプリケーションおよびOutSystemsサービスによるキャッシュ無効化サービス(RabbitMQなど)への通信を構成するときに使用します。

利用可能な構成は以下のとおりです。

|キー|値|説明|

|ServiceHost|キャッシュ無効化サービスのホスト名またはIPアドレス。|後でフロントエンドサーバーを簡単に追加できるようにするため、ホスト名として値localhostを使用することは推奨されません。| |ServicePort|数値。|アプリケーションやサービスがキャッシュ無効化サービスと通信するときに使用するポート。| |ServiceUsername|OutSystemsプラットフォームが使用する無効化サービスのユーザーの名前。|| |ServicePassword|OutSystemsプラットフォームが使用する無効化サービスのユーザーのパスワード。|Configuration Toolはクリアテキストのパスワードを読み取り、暗号化されたバージョンを保存します。| |VirtualHost|OutSystemsプラットフォームが使用する無効化サービスの仮想ホストの名前。「/outsystems」など。|OutSystemsロジックに接続しないその他の目的のためにキャッシュ無効化サービスを再利用できるようにします。| |TlsEnabled|Boolean|アプリケーションとキャッシュ無効化サービスの間のセキュアな接続の使用を有効にします。| |TlsServerCanonicalName|キャッシュ無効化サービスが使用する証明書の正式名。||

その他の構成

以下のXML要素は、その他の構成カテゴリの構成を定義します。

<OtherConfigurations>
    <KEY>VALUE</KEY>
    ...
</OtherConfigurations>

利用可能な構成は以下のとおりです。

|キー|値|説明|

|DBIntrospectionTimeout|数値。|メタモデルイントロスペクションを実行するデータベースクエリのデフォルトのタイムアウト。| |DBTimeout|数値。|データベースクエリを完了するまでのデフォルトのタイムアウト。|Development環境ではクエリごとに値を上書きすることができます。| |DBUpdateTimeout|Numeric value.|アプリケーションを1-Click Publishした際に、データベース更新を実行するまでのデフォルト時間を設定します。| |InstallationDir|OutSystemsプラットフォームのインストールパス。|この設定はそのままにしておいてください。構成する必要はありません。| |InstanceName|内部用。カスタマイズしないでください。|この設定はそのままにしておいてください。構成する必要はありません。| |PlatformVersion|OutSystemsプラットフォームのバージョン。|この設定はそのままにしておいてください。構成する必要はありません。| |QueuesAvailable|「true」または「false」。|メッセージキューをインストールするかどうかを示します。|