Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

OutSystems on Microsoft Azureの設定ログの取得

OutSystems on Microsoft Azureを設定する場合、まずソリューションテンプレートウィザードを実行してOutSystemsインフラをデプロイします。

デプロイフェーズ中にエラーが発生した場合、問題のトラブルシューティングを行うために以下の情報が必要になります。

  • OutSystemsの構成ファイル。
  • デプロイプロセスで生成されたログファイル。
  • Azure Portalのエラースタック。

この記事では、この情報を取得する方法について説明します。

OutSystemsの構成ファイルを取得する

OutSystems環境ごとに、server.hsconfという名前の構成ファイルがあります。

この構成ファイルを取得するには、以下の手順を実行します。

  1. Azure PortalでOutSystemsインフラのリソースグループに移動し、デプロイに関連付けられたストレージアカウントを選択します。

    リソースの概要

  2. ストレージアカウントの詳細ページで、[Files]をクリックしてストレージアカウントのファイルサービスにアクセスします。

    ファイル

  3. ファイル共有のリストで[share]を選択します。

    共有

  4. 環境の仮想マシンに対応するディレクトリを選択します。

    Fileサービスのディレクトリ

  5. このディレクトリにserver.hsconf構成ファイルがあります。このファイルをダウンロードするには、ファイル名を選択して[Download]をクリックします。

    server.hsconfへのアクセス

デプロイプロセスで生成されたログファイルを取得する

各OutSystems環境で、インフラのデプロイプロセスで以下のログファイルが生成されます。

  • Log.txt
  • ConfigurationTool.log
  • DevelopmentEnvironmentInstall.log
  • PlatformServerInstall.log

これらのログファイルを取得するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystems構成ファイルを取得する」の手順1~4を実行して、ストレージアカウントのファイルサービス内の環境の仮想マシンに対応するディレクトリに移動します。次にlogsディレクトリを選択します。

    Fileサービスのログ

  2. このディレクトリにログファイルがあります。各ファイルをダウンロードするには、ファイル名を選択して[Download]をクリックします。

    ログのダウンロード

Azure Portalのエラースタックを取得する

Azure Portalでスローされたデプロイエラーのスタックを取得するには、以下の手順を実行します。

  1. OutSystemsインフラのリソースグループに移動し、左側にあるメニューから[Deployments]を選択します。

    Deploymentsセクション

  2. 失敗したデプロイをクリックしてエラーを展開すると、エラースタックが表示されます。

    エラーの詳細