Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

従来のWebアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

Time Pickerのリファレンス

レイアウトおよびクラス

イベント

イベント名 説明 必須
OnSelect 時刻が選択され返されると、イベントがトリガーされます。 False

CSSセレクタ

要素 CSSクラス 説明
.time-option .time-option-selected 時刻オプションが選択されている場合
.time-option .time-picker .dropdown-content-list .time-option[disabled="disabled"] 時刻オプションが無効になっている場合

高度なユースケース

OnSelectイベントを使用する

  1. TimePickerパターンをプレビューにドラッグします。

  2. 入力にTime型の変数を設定します。

  3. StartTimeパラメータを変数Timeに設定します。

  4. Preparationで、Time変数をピッカーで使用する開始時刻に設定します。

  5. OnSelectイベントを「TimePatternOnSelect」に設定します。

  6. TimePatternOnSelectアクションで、Time変数にTimeSelectedを割り当てます。

  7. Feedback_Messageアクションを設定し、メッセージでTimeを表示します。

  8. TimePickerの周囲にTimepicker_Containerコンテナを作成します。

  9. TimePatternOnSelectアクションで、Timepicker_ContainerにAjax refreshを追加します。

特定の時刻を無効にする

  1. TimePickerパターンをプレビューにドラッグします。

  2. 入力にTime型の変数を設定します。

  3. AdvancedFormatパラメータの前にあるプラスをクリックします。

  4. DisabledTimesパラメータの前にあるプラスをクリックします。

  5. 時刻NewTime(4,0,0)とNewTime(7,0,0)を追加します。

  6. パブリッシュしてテストします。

入力を空にして開始する

  1. TimePickerパターンをプレビューにドラッグします。

  2. 入力にTime型の変数を設定します。

  3. AdvancedFormatパラメータの前にあるプラスをクリックします。

  4. StartEmptyパラメータを[True]に設定します。

  5. パブリッシュしてテストします。

  • Was this article helpful?