Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

Human Activity

エンドユーザによって実行されるアクティビティ。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label このHuman Activityのインスタンスが実行されると、Taskboxおよびバックオフィスに表示されるテキスト。 定義されていない場合、表示されるテキストはHuman Activity名になります。
Public このプロセスアクティビティを他のモジュールが使用できるかどうかを示します。 Yes No このプロパティは、現在のモジュールで作成されたプロセスアクティビティでのみ使用できます。プロセスアクティビティがパブリックの場合、そのプロセスもパブリックである必要があります。
User アクティビティを完了する予定のユーザーを定義します。Expressionにすることができます。
Close On Human Activityの実行を自動的に終了するエンティティアクション。 プロセスアクティビティの実行を自動的に閉じる(終了する)イベント。

Create <エンティティ>: 指定したエンティティのレコードが作成されるとHuman Activityは終了します。

Update <エンティティ>: 指定したエンティティのレコードが更新されるとHuman Activityは終了します。
Destination Taskboxでこのアクティビティを開いた後、ユーザーがHuman Activityの作業を完了させる画面。 リアクテイブWebアプリと従来のアプリで使用できます。
Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。
エンドユーザー情報
Detail Taskboxでユーザーに表示されるHuman Activityの説明。Expressionにすることができます。
Instructions Human Activityの作業を完了する方法に関する指示。Taskboxでユーザーに表示されます。
Due Date アクティビティの期限をエンドユーザーに通知する任意の日付。Expressionにすることができます。
高度
Allow Skip Trueに設定すると、失敗したアクティビティの実行はスキップされます。 Yes No スキップが許可されている場合、失敗したアクティビティをスキップするオプションがエンドユーザーのTaskboxに表示されます。このオプションでWaitアクティビティをスキップすることはできません。その場合はActivitySkipを使用します。
Start Date アクティビティがいつ処理できるようになる予定かを定義する任意の日付。Expressionにすることができます。
ロール
Roles モジュールで使用可能なロールのリスト。Human Activityの作業を実行する権限が付与されているロールを選択できます。 Registered
ApplicationUser

ランタイムプロパティ

名前 説明 読み取り専用 備考
ClosedBy プロセスアクティビティインスタンスを終了したエンドユーザの識別子。 Yes
ClosedInstant プロセスアクティビティインスタンスが終了した日付と時刻。 Yes Date Time
Skipped スキップされたことによってプロセスアクティビティインスタンスが終了した場合はTrue。 Yes Boolean
ActivityId 実行時のプロセスアクティビティインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?