Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

Conditional Start

プロセスフローで代替フローを開始します。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label このConditional Startアクティビティのインスタンスが実行されると、バックオフィスに表示されるテキスト。 定義されていない場合、表示されるテキストはConditional Startアクティビティ名になります。
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Public このプロセスアクティビティを他のモジュールが使用できるかどうかを示します。 Yes No このプロパティは、現在のモジュールで作成されたプロセスアクティビティでのみ使用できます。プロセスアクティビティがパブリックの場合、そのプロセスもパブリックである必要があります。
Start On Conditional Startフローの実行を自動的に開始するエンティティアクション。 エンティティイベントが選択されると、エンティティの主キーがプロセスの入力パラメータとして自動的に追加されます。このように、各プロセスインスタンスには、それに関連したエンティティレコードを示す参照が存在しています。

実行を開始するエンティティアクション:
Create <エンティティ>: 指定したエンティティのレコードが作成されると、Conditional Startはフローの実行を開始します。

Update <エンティティ>: 指定したエンティティのレコードが更新されると、Conditional Startはフローの実行を開始します。

Original Name 要素を実装するモジュール(プロデューサモジュール)で定義されている要素名。このプロパティは読み取り専用です。 Yes このプロパティは、参照される要素に対してのみ表示されます。

ランタイムプロパティ

名前 説明 読み取り専用 備考
StartedBy プロセスアクティビティインスタンスを開始したユーザの識別子。 Yes
StartedInstant プロセスアクティビティインスタンスが開始した日付と時刻。 Yes Date Time
ActivityId 実行時のプロセスアクティビティインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?