Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

Automatic Activity

エンドユーザーの介入なしに作業を実行するアクションフローを実行します。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label このAutomatic Activityのインスタンスが実行されると、バックオフィスに表示されるテキスト。 定義されていない場合、表示されるテキストはAutomatic Activity名になります。
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
高度
Start Date アクティビティがいつ処理できるようになる予定かを定義する任意の日付。Expressionにすることができます。 軽量プロセス実行を使用する場合はサポートされません。

ランタイムプロパティ

名前 説明 読み取り専用 備考
ClosedInstant プロセスアクティビティインスタンスが終了した日付と時刻。 Yes Date Time
ActivityId 実行時のプロセスアクティビティインスタンスの識別子。 Yes
  • Was this article helpful?