Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

オペランド

この記事は作成中です。この新しいバージョンはどの程度参考になりましたか。投票でお聞かせください。

オペランドは、Expressionを操作する際に使用するデータをプラットフォームに指示します。たとえば、MyValue + 1というExpressionではMyValue1がオペランドです。

現在のスコープで使用できるオペランドを確認するには、Expressionエディタを使用します。Expressionエディタでは、画面やアクションなどでの操作で使用できる変数、パタメータ、関数、その他の値を確認します。

すべてのオペランドに必ずデータ型があります。

リテラル

リテラルは、Expression内でハードコーディングされた値で、多くの場合は数字とテキストです。以下に例をいくつか示します。

  • Message = "Hello, world!"では、Hello, world!がリテラルです。
  • 1 + iでは、1がリテラルです。
  • isValid = Falseでは、Falseがリテラルです。

Expression内でリテラルを使用するその他の例については、「基本データ型」をご覧ください。

変数

変数は、値を参照する識別子です。以下に例をいくつか示します。

  • Message = "Hello, world!"では、Messageが変数です。
  • 1 + iでは、iが変数です。
  • isValid = Falseでは、isValidが変数です。

適切な名前を使用すると、データ型が自動的に設定されます。たとえば、値またはパラメータを作成して「PurchaseDate」という名前を付けると、データ型が[Date]に設定されます。詳細については、「Service Studioのヒントとテクニック」をご覧ください。

関数

関数は、オペランドとして使用できます。以下に例をいくつか示します。

  • Sqrt(9) + 3Sqrt()は、ビルトイン関数の1つです。
  • MyFunction(1000) * 100MyFunction()は、ユーザー定義関数です。

詳細については、ビルトイン関数をご覧ください。

以下のスクリーンショットは、Expressionエディタ内のExpressionを示しています。Expressionの構成要素は以下のとおりです。

  • 3000: リテラル
  • MyInteger: ローカル変数
  • Sqrt(): ビルトイン関数

Expressionエディタ内のオペランド

  • Was this article helpful?