Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 
モバイルアプリとリアクティブWebアプリにのみ適用されます

 

 
 
OutSystems

Galleryのリファレンス

レイアウトおよびクラス

高度なユースケース

  1. リストの最初の要素としてAnimateブロックを使用します。

  2. コンテンツをブロック内に配置します。

  3. 希望するタイプのアニメーションでAnimateブロックを定義し、リストから現在の行番号で遅延を設定します。

    注記: Gallery内でListを使用する場合、仮想化を無効にする必要があります。

  • Was this article helpful?