Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

エンティティアトリビュート

エンティティアトリビュートは、データベースのテーブルの列を表します。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Label アトリビュートがウィジェットに表示されるときに使用されるテキスト。 このプロパティは、エンティティデータをExcelにエクスポートするときに、列ヘッダとしても使用されます。
Data Type アトリビュートのデータ型。 Yes アトリビュートのデータ型は、基本データ型またはエンティティ識別子にする必要があります。
Length アトリビュートの最大サイズ(文字数単位)。
Decimals 小数点以下の桁数。 データ型がDecimalの場合にのみ使用可能です(必須)。
Is AutoNumber [Yes]に設定すると、実行時に数値を自動的に生成・設定します。 Yes No
Is Mandatory [Yes]に設定すると、値の設定が必須になります。 Yes No
Delete Rule 外部キーが参照するレコードが削除されたときに実行するアクションを指定します。 Yes Protect(保護) データ型がデータ型がDecimalの場合にのみ使用可能です(アトリビュートは外部キー)。
使用可能な値は、ProtectDeleteIgnoreです。
エクステンションにより公開されている外部エンティティを外部キーが参照している場合、参照整合性を保証することができないため、使用可能な値はIgnoreのみです。
Default Value この要素の初期値。未定義の場合、データ型のデフォルト値が使用されます。
高度
Original Name 外部データベースで定義されているアトリビュートの列名。 このプロパティは、外部エンティティのアトリビュートでのみ使用できます。
Original Type 外部データベースで定義されているアトリビュートの列のデータ型。 このプロパティは、外部エンティティのアトリビュートでのみ使用できます。
  • Was this article helpful?