Skip to main content

 

 

 

 

 

 
 
 
OutSystems

セッション変数

セッション変数を使用すると、サーバー側でキーと値の形式のデータを保存できます。これを利用して構成やアプリのコンテキストデータなどをキャッシュに保存することができます。ユーザーがアプリからログアウトするか、ブラウザのウィンドウをすべて閉じると、セッション変数はクリアされます。

セッション変数は、従来のWebアプリでのみ使用できます。リアクティブWebアプリやモバイルアプリでセッション変数を使用して要素を参照することは避けてください。このシナリオではリクエスト間でセッション変数の値を保持することができません。これは、リアクティブWebアプリ/モバイルアプリがクライアント側のコンテキストで実行され、従来のWebアプリがサーバー側のコンテキストで実行されるというランタイムの違いによるものです。

この変数は多くのデータ型で使用できますが、複合データ型での使用はパフォーマンス上の理由により避けてください。

セッション変数を追加するには、[Data]タブをクリックして、[Session Variables > Add Session Variable]をクリックします。

プロパティ

名前 説明 必須 デフォルト値 備考
Name 画面、アクション、モジュールといった、定義されているスコープ内の要素を識別します。 Yes
Description 要素を文書化するテキスト。 文書化の際に便利です。
このプロパティの最大サイズは2,000文字です。
Data Type 変数のデータ型。 Yes
Default Value この要素の初期値。未定義の場合、データ型のデフォルト値が使用されます。 セッション変数のデフォルト値はリテラルにする必要があります。
  • Was this article helpful?