Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

外部データベースのデータにクエリを実行する

以下のパターンに従って、RuntimePublic.Db APIを使用して外部データベースのデータにクエリを実行します。

  1. DatabaseAccessインスタンスからDatabaseProviderを取得します。
  2. プロバイダを使用してトランザクションを作成します。
  3. トランザクションを使用してCommandを作成します。
  4. Commandを使用してコマンドパラメータを作成します。
  5. Commandを実行します。
  6. Commandの結果を取得します。

以下の例では、外部データベースにアクセスするOracle DB Connectionという接続があります。接続は、環境管理コンソール(Service Center)で定義します。

以下のコードは、以前に取得した接続を使用して外部OracleデータベースのPERSONテーブルから20歳未満の人のレコードを取得します。

C# コードの例

using OutSystems.RuntimePublic.Db;

// [...]

// Retrieve the DatabaseProvider for the external database.
// You need to have a Database Connection called "Oracle DB Connection" configured
// in Service Center.
DatabaseProvider dbaProvider = DatabaseAccess.ForExternalDatabase("Oracle DB Connection");

// We will use a separate transaction to execute the query
// A committable transaction can be committed and rolled back explicitly 
using (CommittableTransaction commitableTransaction = dbaProvider.GetCommittableTransaction()) {
    using (Command cmd = commitableTransaction.CreateCommand("SELECT AGE FROM PERSON WHERE AGE < 20")) {
        // Results are read using a standard IDataReader object
        using (IDataReader reader = cmd.ExecuteReader()) {
            while (reader.Read()) {
                Console.WriteLine(reader.GetInt32(0));
            }
        }
    }
}
  • Was this article helpful?