Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

Configuration Tool

Platform Serverを構成するには、Configuration Toolを使用します。基本的なインストールにも使用できますが、複雑な環境では特に役立ちます。Configuration Toolを使用すると、構成スクリプトをエクスポートして確認することができます。

このツールは、ユーザーが管理するオンプレミス環境などのインフラでのみ使用可能です。起動するには、Windowsのデスクトップで以下に移動します。Start Menu > All Programs > OutSystems > Administration Tools > Configuration Tool

フロントエンドサーバーが複数台ある場合、すべての構成を同一にする必要があります。ただし、スケジューラの構成は対象外です。

このセクションの記事

  • Sessionタブ
    [Session]タブでは、OutSystemsがエンドユーザーの永続的セッションを保存するために使用するデータベースを構成できます。
  • Controllerタブ
    [Controller]タブでは、フロントエンドサーバーとデプロイメントコントローラサーバーの通信方法を定義できます。
  • Credentialsタブ
    [Credentials]タブでは、Platform Server管理ユーザーのパスワードを定義することやリセットすることができます。
  • Cacheタブ
    [Cache]タブでは、キャッシュ無効化サービスの構成設定を定義できます。
  • Networkタブ
    [Network]タブでは、現在の内部ネットワーク設定を消去したり、フロントエンドサーバーがデプロイメントコントローラサービスに登録するIPアドレスを定義したりすることが可能です。
  • Schedulerタブ
    [Scheduler]タブでは、OutSystemsスケジューラサービスを構成できます。
  • Was this article helpful?