Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

従来のWebアプリにのみ適用されます

 

 

OutSystems

環境のアナリティクスを有効にする

OutSystemsは、Production環境で実行されているすべてのアプリケーションのエンドユーザーエクスペリエンスに関するアナリティクスを収集します。ただし、他の環境でも監視を有効にすることができます。この記事ではその方法について説明しています。

LifeTime Analyticsは、従来のWebアプリケーションのみに適用されます。モバイルアプリおよびリアクティブアプリの場合は、OutSystemsによる業界の主要な監視プラットフォームとの連携が可能です。OutSystems Forgeで入手できるNew Relic RUMElastic RUMなどのコンポーネントをご覧ください。

Productionにデプロイする前に、FieldServicesアプリケーションのパフォーマンス上の問題を検出します。これにあたり、アプリケーションの主要ユーザーにQuality Assurance環境でテストをしてもらいます。エンドユーザーエクスペリエンスを監視するには、QAでアナリティクスを有効にする必要があります。

そのためには、以下の手順を実行します。

  1. LifeTimeコンソール(https://<LifeTime環境>/lifetime)で、[ANALYTICS]領域に移動します。
  2. 現在の環境名の下にある[Configuration]リンクをクリックします。
  3. Analytics Configuration]ページでトグルを使用し、Quality Assurance環境のアナリティクスを有効にします。

これにより、プラットフォームはQuality Assurance環境のすべてのアプリケーションについてアナリティクス収集を開始します。

収集したデータは[ANALYTICS]領域で確認できます。