Skip to main content

 

 

 

 
Language:

 

 

 

 
 
OutSystems

送信されたフィードバックを処理する

この記事は作成中です。この新しいバージョンはどの程度参考になりましたか。投票でお聞かせください。

アプリのユーザーフィードバックを有効にすると、ユーザーが各アプリで送信したすべてのフィードバックがApp Feedbackアプリケーションによって収集されます。受信したフィードバックを処理するには、以下の手順を実行します。

  1. LifeTimeコンソール(https://<ご利用の環境>/Lifetime)を開きます。

    LifeTimeをインストールしていない場合は、https://<ご利用の環境>/ECT_Providerに移動して、環境のApp Feedbackアプリケーションに直接アクセスします。

  2. [Applications]セクションで、フィードバック項目を参照したい環境の横にあるドロップダウンメニューで[App Feedback]オプションを選択します。

    LifeTimeのアプリケーション画面

  3. Usersアプリ(https://<ご利用の環境>/Users)で定義された、Administrator(管理者)権限またはFeedbackManager(フィードバックマネージャ)権限を持つユーザーアカウントの資格情報を使用してサインインします。

  4. ユーザーから送信されたすべてのフィードバックの一覧を表示するには、[Feedback]セクションをクリックします。

  5. 画面の右側のドロップダウンメニューで[Open]が選択されていることを確認します。このオプションを使用して、未処理のリクエスト、終了済みのリクエスト、または両方のリクエストを表示できます。

    フィードバックの項目リスト

  6. ユーザーから提供された情報を確認するには、フィードバックをリストから1つ選択して[Open]をクリックします。

    詳細を含むウィンドウが開き、ユーザーからのフィードバックとアプリの画面のスクリーンショットが表示されます。

    フィードバックの詳細を開く

  7. Service Studioで直接画面を開いてユーザーのフィードバックを処理するには、[CHANGE THIS SCREEN]をクリックします。

    1. Open Service Studio]をクリックしてこの操作を確認します。このメッセージが再度表示されないようにするには、この操作を自動的に許可するチェックボックスをクリックします。

      Service Studioを開くことの確認

    2. ご利用の環境のアドレスとService CenterからService Studioへのアプリモジュールのダウンロードが可能なログイン資格情報を入力し、[LOG IN]をクリックします。

      環境のアドレスとログイン資格情報の入力

    3. リクエストされた変更や提案を実装し、アプリをパブリッシュしてテストします。

  8. フィードバックを終了済みとしてマークするには、[Close]をクリックします。リクエストが終了済みリストに移動します。

    終了済みリクエストのリスト