Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

Applies only to Mobile Apps

 

 

OutSystems

デフォルトのモバイル拡張構成を上書きする

OutSystemsモバイルアプリのデフォルトの拡張構成は、アプリケーションのホームモジュールで設計時に定義されます。しかし、他の環境で異なる拡張構成にする必要がある場合がいくつかあります。

たとえば、開発チームがモバイルアプリで使用するプラグインの問題をトラブルシューティングするために、開発環境のみでプラグインのロギングレベルを上げ、QA環境と本番環境ではデフォルトのロギングレベルを維持する場合があります。

OutSystemsを使用して、特定の環境に関して、設計時に定義されたデフォルトの拡張構成を上書きできます。このとき、その環境でアプリケーションを手動で変更してデプロイする必要はありません。

特定の環境のモバイルアプリの拡張構成を上書きするには、以下の手順を実行します。

  1. LifeTime管理コンソールで、アプリケーションの詳細ページに移動します。

  2. Settings]リンクを押します。

  3. 拡張構成を上書きする環境を選択します。アプリケーションがすでにその環境にデプロイされている必要があります。

  4. Advanced]セクションに、設計時に定義されたデフォルトの拡張構成が表示されます。[Custom]オプションを選択します。

  5. Copy from Default]ボタンを使用して、デフォルト構成を[Custom]フィールドにコピーします。

  6. [Custom]フィールドで、その環境で異なるものにする必要がある構成のみを変更し、その他の構成はそのままにしておきます。開発チームがカスタム構成を検証または提供していることを確認してください。

  7. Save]ボタンを押します。

この環境で新しいモバイルアプリパッケージが生成され、アプリケーションモジュールで定義されたデフォルト構成がカスタム構成によって上書きされます。また、新しいアプリケーションのデプロイ後も環境のカスタム構成は維持されます。