Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

デプロイ計画

デプロイ計画を使用すると、ある環境で行われたアプリケーションの新機能や修正などの変更を別の環境にデプロイすることができます(たとえば、DevelopmentからQA)。

デプロイ計画には、以下が含まれます。

デプロイ計画の作成は、LifeTimeの[Applications]画面で行います。

完了済みの計画を再利用したり、中止された計画を再試行したりしてデプロイ計画を作成することもできます。

Deployment Plans画面

Deployment Plans]画面には、LifeTimeの過去と現在のデプロイ計画、それぞれのステータス、詳細が一覧表示されます。

[Deployment Plans]画面を開くには、[Applications]をクリックし、ページヘッダーの下にある[Deployment Plans]リンクをクリックします。

この画面から、中止されたデプロイ計画の再試行や完了済みのデプロイ計画の再利用などの操作を行うことができます。各計画で実行できる操作は、そのステータスによって異なります。

デプロイ計画を再利用する

デプロイ計画を再利用するとデプロイ計画最初から作成する必要がないため、デプロイの時間を短縮することができます。再利用できるのは、中止されていない完了済みのデプロイ計画です。

この操作は、以下の状況で特に有効です。

  • インフラ内の連続した環境にデプロイする場合。たとえば、最初にDEVからQAにデプロイし、次に同じアプリケーションとバージョンをQAからPRDにデプロイするような場合です。
    この場合、直近の完了済みの計画を再利用して、アプリケーションを次の環境にデプロイします。

  • 以前のものによく似たデプロイ計画を新たに作成する場合。既存の計画を再利用するとデプロイ計画を最初から作成する必要がないため、ミスが起きるリスクを減らすことができます。
    この場合、[Deployment Plans]画面で目的の計画を検索し、[Reuse Plan]操作を選択します。

既存の計画を再利用した新しいデプロイ計画には、同じアプリケーションが含まれます(選択されたソース環境でアプリケーションが利用可能である場合)。さらに、オプションで、各アプリケーションの同じタグ付きバージョンを含めることができます。

[Deployment Plans]画面からデプロイ計画を再利用するには、以下の手順を実行します。

  1. [Applications]画面から[Deployment Plans]画面を開きます。

  2. 計画の一覧で、再利用する計画を探します。複数の基準を使用して計画を検索することができます。

  3. Reuse Plan]をクリックします。この操作は、中止されていないすべての完了済みの計画に対して実行できます。

  4. ポップアップウィンドウで、新しい計画のソース環境とターゲット環境を選択します。

Keep the tags used in the original plan]を選択すると、ソース計画に含まれるタグを保持することができます。
このとき、元の計画のタグ付きバージョンの中にデプロイできないものがある場合(選択したソース環境内でバージョンを利用できない場合や、選択したターゲット環境内にさらに新しいバージョンがある場合など)、そのことを示すフィードバックメッセージが表示されます。これに応じて、新しいデプロイ計画を調整することができます。

このオプションを選択しなかった場合、計画には同じアプリケーションが含まれますが、デプロイが可能な最新のタグ付きのものになります。

注記:

  • [Reuse Plan]操作は、中止されていない完了済みのデプロイ計画に対してのみ実行できます。中止された計画に対しては、[Retry Plan]操作を使用してください。

  • 任意のソース環境とターゲット環境を選択できますが、ソース計画に含まれるアプリケーションが1つ以上ソース環境に含まれている必要があります。ソース計画に含まれるアプリケーションがまったく含まれていないソース環境を選択した場合、ポップアップに警告が表示され、操作を続行できません。

  • ソース計画に含まれるアプリケーションの一部が含まれていないソース環境を選択した場合、それらのアプリケーションを新しい計画で利用できないことを示すメッセージがポップアップに表示されます。

中止されたデプロイ計画を再試行する

デプロイ中に発生する問題のために、デプロイ計画をオペレータが手動で中止する場合やOutSystemsプラットフォームによって中止される場合があります。

このとき、同じデプロイ操作、つまり、同じアプリケーションおよび同じバージョンでデプロイを実行する場合は、新しいデプロイ計画を最初から作成する必要はありません。このような場合は、デプロイ計画を再試行することができます。この操作は、中止されたすべてのデプロイ計画に対して実行できます。

再試行操作では、以下が実行されます。

  1. 中止されたデプロイ計画のコピーが保存されていない状態で作成されます。コピーには、元のデプロイ計画と同じアプリケーションおよびタグ付きバージョンが含まれ、ソース環境とターゲット環境も同じです。

  2. 新しいデプロイ計画の詳細画面に移動します。実行する前にこの画面で計画を調整できます。

[Deployment Plans]画面からデプロイ計画を再試行するには、以下の手順を実行します。

  1. [Applications]画面から[Deployment Plans]画面を開きます。

  2. 計画の一覧で、再試行する中止された計画を探します。複数の基準を使用して計画を検索することができます。

  3. Retry Plan]をクリックします。この操作は、中止されたすべての計画に対して実行できます。

注記:

デプロイ計画を再試行すると、ソース環境またはターゲット環境の変更が原因で以下の状況が発生する場合があります。

  • 元の計画に含まれるアプリケーションの一部がソース環境に含まれていない場合、LifeTimeでは、それらのアプリケーションを新しい計画で利用できないことを示すメッセージがポップアップに表示されます。

  • 元の計画に含まれるアプリケーションがソース環境にまったく含まれていない場合、LifeTimeでは、ポップアップに警告が表示され、操作を続行できません。

  • 計画を再試行するときにタグ付きバージョンの一部がデプロイできない場合(アプリケーションのさらに新しいバージョンがターゲット環境にデプロイ済みである場合など)、LifeTimeでは、そのことを示すフィードバックメッセージが表示されます。これに応じて、新しいデプロイ計画を調整することができます。