Skip to main content

 

 

 

 
Language:
 
Service Studioバージョン :
 
 
OutSystems

Service Studioの概要

  • 新規アプリケーションの作成

  • 既存アプリケーションの表示および利用

[Environment]タブの検索ボックスを使用すると、アプリケーションやモジュールを検索したり、OutSystemsコミュニティの検索を実行したりすることもできます。

新規アプリケーションを作成したり、既存アプリケーションを利用したりすると、以下のアプリ詳細画面に移動します。

アプリ詳細画面には、以下の領域があります。
Test In Browserボタン
Developタブ
ここでは、アプリケーションのモジュールを管理します。アプリケーションの依存関係、つまりアプリケーションで使用されている他のアプリケーションやコンポーネントを表示することもできます。

Service Studioのワークスペースは、アプリケーションのモジュールを設計、デプロイ、およびデバッグする場所です。

ワークスペースは、以下の領域で構成されています。

ここでアプリケーションのインターフェイスとロジックを設計します。

アプリケーションの画面とロジックを開発するためのツールとウィジェットが含まれています。

開発環境の各タブ

この領域には以下のタブが表示されます。

  • TrueChangeタブ: モジュールの既存のエラーと警告を表示します。

  • fDebuggerタブ: このタブを使用してアプリケーションをデバッグします。

  • 1-Click Publishタブ: モジュールをデプロイすると、この領域にデプロイプロセスの進捗状況と結果が表示されます。

ステータスバー

各タブには、特定のアプリケーションレイヤー(プロセス、ユーザーインターフェイス、ロジック、およびデータモデル)の要素が含まれています。

ここでは選択した要素のプロパティを表示および設定できます。

1-Click Publishボタン

  • Was this article helpful?