Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher
Language:

 

 

 

 

 
OutSystems

プロジェクトに適したアプリを選択する

OutSystemsでは、複数のタイプのアプリを作成できます。[New Application]ウィンドウで新しいアプリを選択する際に役立つ概要を以下に示します。

  • ユーザーがデスクトップブラウザで実行することが多いアプリを作成する場合は、[Reactive Web App]を選択します。
  • ユーザーがダウンロードできるモバイルアプリとしてアプリを作成し、Apple App StoreやGoogle Playに提出する場合は、[Phone App]または[Tablet App]を選択します。
  • 軽量なアプリを作成してプログレッシブWebアプリ(PWA)としてWebサイトで共有し、ユーザーがモバイルのホーム画面にアプリのアイコンを配置できるようにする場合は、[Phone App]または[Tablet App]を選択します。

Service StudioのNew Applicationウィンドウ

リアクティブWebアプリとは

OutSystemsでは、リアクティブWebアプリはブラウザで実行されるレスポンシブなインターフェイスを備えたアプリです。多くのタイプのデバイスや画面サイズで優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。OutSystemsのビジュアル言語を使用して開発し、HTML5とJavaScriptを使用してアプリのロジックを拡張することで、デバイスのハードウェアとやりとりすることができます。

リアクティブWebアプリは、開発エクスペリエンスの統合に役立ちます。開発を単一の言語で行うことができ、複数のアプリで動作するコンポーネントを作成して発展させることができます。

リアクティブWebアプリを開発すると、以下を行うことができます。

  • Web開発とモバイル開発のパラダイムの統一
  • クライアント側のランタイムを利用するアプリの開発と、レスポンシブなUXの作成
  • 最新のスタック上でのアプリの実行

クライアント側の開発パラダイムに重点が置かれたOutSystemsアプリを開発したことがない場合は、「画面とブロックのライフサイクルイベント」の説明と、ベストプラクティスに関する注記をご覧ください。

リアクティブWebアプリ

リアクティブWebアプリの特徴

リアクティブWebアプリの詳細については、次世代のWebアプリに関するブログ記事をご覧ください。

モバイルアプリとは

OutSystemsでは、モバイルアプリはネイティブモバイルAndroid/iOSアプリにコンパイルされるアプリです。Apache Cordovaを使用し、OutSystemsのビジュアル言語を使用して開発されたWebアプリをラッピングしています。モバイル向けのユーザーエクスペリエンスに重点を置き、プラグインを使用してアプリのロジックからセンサーなどのデバイスのハードウェアを利用できます。データをローカルストレージにキャッシュするため、アプリはオフラインでも機能します。基盤となるコードはクロスプラットフォームであるため、iOS向けの開発とAndroid向けの開発を同時に行うことができます。このタイプのアプリのデフォルトのテンプレートは、Phone AppおよびTablet Appです。

モバイルアプリは、2つの方法で配布できます。

  • ネイティブアプリパッケージ。専用のOutSystemsクラウドサービスでネイティブモバイルビルドを生成し、アプリをアプリストアで配布したり内部のユーザーグループに配布したりすることができます。

  • プログレッシブWebアプリ(PWA)。PWAは、ネイティブモバイルアプリのルックアンドフィールを備えた軽量なアプリです。アプリストアを使用せず、直接Webサイトからすばやく配布してインストールすることができます。

モバイルアプリ

リアクティブWebアプリとモバイルアプリの比較

以下の表は、リアクティブWebアプリとモバイルアプリの機能の比較を示しています。デフォルトのOutSystemsインストールでは、リアクティブWebアプリを作成する場合は[New Application]ウィンドウで[Reactive Web App]を選択します。モバイルアプリの場合は[Phone App]または[Tablet App]を選択します。

リアクティブWebアプリ

vs

モバイルアプリ

すべてのデバイスと画面サイズに共通のロジック。

コードの再利用

サポートされているすべてのネイティブモバイルプラットフォームとサポートされているブラウザ(PWAの場合)に共通のロジック。

ブラウザ。
インストールは不要。

実行環境

ネイティブモバイルアプリはAndroidおよびiOSデバイスで実行。PWAは任意のデバイスのサポートされているブラウザで実行。

すべての画面サイズとタイプに対応するレイアウト。

ユーザーエクスペリエンス

モバイルに特化したUIパターンとユーザーエクスペリエンス。

クライアント側向けのパフォーマンス設計。スマートメカニズムによってデータ転送を最適化。

パフォーマンス

クライアント側向けのパフォーマンス設計。スマートメカニズムによってデータ転送を最適化。

HTML5がデバイス機能をサポート。

デバイスのハードウェアの利用

ネイティブモバイルアプリからCordovaプラグインを介して様々なデバイス機能を利用。PWAは専用のプラグインを使用。プラグインの設計によって利用できるのはPWAが実行されているブラウザからのアクセスが許可されているハードウェアに限定。

オフライン機能がない*

オフライン機能

オフラインデータを保存するため、ネイティブモバイルアプリはローカルストレージを使用し、PWAはブラウザのストレージを使用。

ユーザーによるブラウザのページ更新時に自動的に更新。

デプロイと更新

ネイティブモバイルアプリは自動的に更新でき、ネイティブシェルが変更された場合のみユーザーによる新しいバージョンのインストールが必要。PWAはアプリで新しいバージョンが検出されると自動的に更新。

アプリのリンクをユーザーで共有。

配布

社内またはアプリストア経由でネイティブモバイルアプリを配布可能。PWAはユーザーが直接Webサイトから実行でき、アプリのアイコンをデバイスのホーム画面に追加可能。

(*)現在は利用できません。

従来のWebアプリとは

従来のWebアプリとは、サーバー側の開発に重点が置かれた旧式のOutSystemsアプリのことです。Top MenuLisbonというアプリテンプレートとしてこのアプリのことをご存じかもしれません。

サービスとは

アプリの拡張に応じて、サービスを使用してサービス指向アーキテクチャに従い特定のコアコンセプトを抽象化し、他のアプリケーションに機能を公開できます。