Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher
Language:

 

 

 

 

 
OutSystems

はじめに

OutSystemsを使用すると、高機能で安全なWebアプリやモバイルアプリをすばやく開発できます。開始するために必要な手順を以下に示します。

1.無料アカウントを作成します。 2.Development環境をインストールします。 3.Service Studioを起動し、「最初のアプリ」のセクションを参照します。

この記事は作成中です。この新しいバージョンはどの程度参考になりましたか。投票でお聞かせください。

最初のアプリ

Service Studioで最初のアプリを作成するには、以下の手順を実行します。

  • 対話式のビルトインチュートリアルを実行します。Service Studioで[Help]メニューを開いて[Build an App in 5 minutes tutorial]を選択すると、対話式のチュートリアルが開始します。
  • 手順のチュートリアルに従います。モバイルアプリを作成する方法Webアプリを作成する方法に関するチュートリアルをご覧ください。
  • 既存のサンプルアプリから開始します。Service Studioで新しいアプリを作成し、[Start from an app]を選択して事前構築済みアプリのコレクションを参照します。

OutSystemsでの新しいアプリの作成

アプリの作成

Service StudioでOutSystemsのビジュアル言語を使用して、アプリの作成、編集、デバッグを行います。アプリの外観と動作に満足できたら、Webアプリ、プログレッシブWebアプリ、ネイティブモバイルアプリのいずれかとしてパブリッシュします。概要については、「プロジェクトに適したアプリを選択する」をご覧ください。

事前構築済みの要素がいくつかあり、これらを使用してアプリの開発期間を短縮することができます。たとえば、ユーザーインターフェイスとロジックを含む画面テンプレートやForgeのコンポーネントを使用すると、アプリの機能が大きく向上します。また、作成した画面やコンポーネントを他の開発者と共有することもできます。

また、製品ライセンスにOutSystemsのビルダーが含まれている場合、これらのツールを使用してモバイルアプリのフロントエンドの試作やワークフローの作成を行うことができます。ビルダーを使用すると、Service Studioを使用せずにアプリの作成を開始できます。

  • Workflow Builderでは、シンプルなワークフローの自動化と管理ができる一通りの機能を持ったWebアプリを作成できます。
  • Experience Builderでは、モバイルアプリのフロントエンドを作成し、それをすぐにテストしてから、Service Studioで開発を続けることができます。

エクステンション

Development環境では、Integration Studioを使用してC#でエクステンションを記述することもできます。これにより、アプリの機能を拡張し、保有する既存のシステムと連携させることができます。

オンラインヘルプ

アプリの作成、パブリッシュ、保守、トラブルシューティングを行う際には、以下のOutSystemsのオンラインヘルプが役立ちます。現在ご覧いただいているこのセクションから始めると便利です。目次のリンクをご覧いただくか、検索を使用して個別のトピックを見つけてください。

トレーニング

無料のオンラインコースでOutSystemsの使用方法を学習できます。また、公式ワークショップもあります。他の多くの人たちと同様に、OutSystemsのローコード開発でキャリアを積みたいと考えている場合、その実現を支援するための認定プログラムがあります。

トレーニング

コミュニティ

OutSystemsコミュニティには誰でも参加できます。フォーラムのコミュニティに参加することで、OutSystemsの使用に関するヒントを共有したり、プロジェクトに活用できる新しいアイデアを得たり、他の開発者とプラットフォームについて話し合ったりすることができます。

コミュニティ

このセクションの記事