Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

例: WS-Addressing要素をSOAPリクエストに追加する

このシナリオ例では、WS-Addressing関連の要素をリクエストのSOAPヘッダーに追加します。

以下の手順を実行します。

1.Integration Studioでエクステンションを作成し、WS-Addressingの変更を処理するアクションを定義します。
以下の例では、入力パラメータを持たない「AddWSAddressing」というアクションをIntegration Studioで定義しています。

2.[Edit Source Code .NET]をクリックします。プロジェクトのターゲットフレームワークを設定し、System.ServiceModelアセンブリへの参照を追加します。
以下のコードを入力し、Integration Studioで作成されたMssAddWSAddressing関数プレースホルダを置き換えます。

// required 'using' statements at the beginning of the file
using System.ServiceModel;
using System.ServiceModel.Channels;
using OutSystems.SOAP.API;

/* ...*/

// replace the 'MssAddWSAddressing' function placeholder with the following code
public void MssAddWSAddressing() {
    ISOAPClient client = SoapRequest.GetCurrentClient();
    SecurityMode securityMode = SecurityMode.Transport;
    Binding binding = new WSHttpBinding(securityMode);
    client.Endpoint.Binding = binding;
}

3.Visual Studio .NETを停止し、Integration Studioに戻ります。Integration Studioで、[1-Click Publish]ツールバーアイコンをクリックするか、またはF5キーを押して、エクステンションをパブリッシュします。

4.Service Studioで、アプリケーションモジュールにエクステンションの「AddWSAddressing」アクションへの参照を追加します。

5.SOAP WebサービスのSOAPコールバックフロー(OnBeforeRequestAdvanced)で、AddWSAddressingアクションをフローにドラッグします。

6.アプリケーションモジュールをパブリッシュしてアプリケーションをテストし、先ほど設定したWebサービスに対してOutSystemsプラットフォームから行われたWebサービスのリクエストにWS-Addressing要素があることを確認します。

  • Was this article helpful?