Skip to main content

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

高度なエクステンションを使用する

SOAP Webサービスを利用すると、独自の.NETコードを使用して、接続を変更したり、リクエストやレスポンスのメッセージをカスタマイズしたりできます。

高度な拡張シナリオを実装するための一般的なワークフローは以下のとおりです。

1.OutSystemsのエクステンションの設定
Integration Studioで新しいエクステンションを作成し、必要なアクションを定義します。
2..NETコードの実装
エクステンションのソースコードを編集するために、[Edit Source Code .NET]をクリックしてVisual Studio .NETを開きます。
プロジェクトのプロパティを編集して、プロジェクトのターゲットフレームワークを「.NET Framework 4.6.1」に設定します。
必要なアセンブリ参照を追加します。
引き続きVisual Studioで、SOAP Extensibility APIから必要な機能を使用してアクションのロジックを実装します。終了したら、Visual Studioを閉じます。
Integration Studioで、エクステンションをパブリッシュします。
3.エクステンションの使用

Service Studioで、必要なアクションへの依存関係をエクステンションから追加します。
要素ツリーでSOAP Webサービス要素を選択し、OnBeforeRequestプロパティに新しいSOAPコールバックを作成します(これは「OnBeforeRequestAdvanced」という名前になります)。

コールバックフローを開き、ユースケースに応じて目的のエクステンションのアクションをフローにドラッグします。

注記: SOAP Extensibility APIを使用するエクステンションのアクションは、SOAPコールバックフローのコンテキストでのみ使用できます。

SOAP Extensibilityのユースケースの例

OutSystemsは、SOAP Advanced Extensibilityの一般的なユースケースの実装方法に関するガイドラインを提供しています。詳細については、このページのサブトピックをご覧ください。

OutSystemsはSOAP Extensibility SamplesというForgeコンポーネントを提供しています。このコンポーネントには、SOAP Extensibility APIを使用して多数のSOAP拡張ユースケースを実装したサーバーアクションが含まれています。

このコンポーネントで提供されるサーバーアクションは、アプリケーションで直接使用することや、独自の拡張ユースケース実装の開始点として使用することができます。

このセクションの記事

  • Was this article helpful?