Skip to main content

 

 

 

 

Template:OutSystems/Documentation_KB/Breadcrumb_New_Layout

 

 

Template:OutSystems/OSLanguageSwitcher

 

 

 

OutSystems

リソースを定義する

エクステンションの作成後、エクステンションが必要とするリソースを定義します。エクステンションのリソースは[Resources]ツリーに表示されます。

エクステンションが保存されると、これらすべてのリソースはXIF(Extension and Integration Framework)ファイルにまとめられます。

リソースはIntegration Studioによって暗黙的に追加できます。また、どのようなファイルでもエクステンションのリソースとして追加できます。たとえば、エクステンションのアクションに関連するアイコンやヘルプファイルは、Service Studio開発者にとって利用可能である必要があります。

新しいエクステンションを作成する際、またはエクステンションソースコードを更新する際に、Integration Studioはテンプレートファイルに基づいて生成されたソースファイルをリソースとして暗黙的に追加します。詳細については、「エクステンションのソースファイル」をご覧ください。

リソースを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. リソースディレクトリに追加したいファイルをコピーします。ファイルをコピーすると、[Resources]ツリー内のリソースのステータスが「Excluded」になります

    リソースディレクトリを決定するには、Resourcesアイコンを右クリックして[Open]オプションを選択します。

  2. このファイルを右クリックし、[ Include in Extension option. Once the file is added as resource, the status is Included]を選択します。

  3. 以下のプロパティを指定します。

    • Name: リソースの名前。
    • Last Modified: 最後の保存以降、リソースが直近で修正された日付と時間を示す読み取り専用プロパティ。
    • Deploy Action: エクステンションを追加したモジュールをパブリッシュした場合に、リソースが保存されるPlatform Serverの場所。
    • Description: リソースの説明。

リソースプロパティは、リソースエディタで後から変更できます。

  • Was this article helpful?